セレブレーション2019にジェシー・ジョンソン登場&来日公演に絡めてをご紹介

今年も4月25日~28日の4日間、ペイズリー・パーク(Paislay Park)で開催されたCelebration 2019
今回の話題はなんといっても元ザ・タイム(The Time)のギタリストで7月にはビルボード・ライブで来日公演を果たすジェシー・ジョンソン(Jesse Johnson)でしょう。

ジェシー・ジョンソンのインタビュー

プリンスをお祝いするイベントなんで懐かしむ感じで悪口を言うことはあってもズバリと言う人はそういないでしょう。でもジェシーは・・・

“A lot of things he did … hurt me to my soul,” said Johnson, the original guitarist of the Time, during an onstage interview that quickly turned into a long, rambling monologue. “Would I have come here if he was alive? Probably not.”

プリンスに傷つけられた事、そしてプリンスがいたらこのステージに立たなかっただろうと話してます。
他にも『グラフィティ・ブリッジ』以降ペイズリー・パークに足を踏み入れてない事やジェシーが作った曲をプリンスが奪った(有名なのはシーラEの”Shortberry Strawcake”はシーラとジェシーの共作だけどクレジットはプリンスのみ)等、中でも印象的なのは“He had a lot of power, and he used it.(彼は大きな力を持っていてそれを使った)”と今で言うパワハラがあった事で精神的に追い詰められた事を話していたそうです。

長年に渡る確執があったものの、お互いの才能を認めプリンスの事を

“I need to rest my soul,” Johnson said at one point, choking back a tear. “I loved him. He was my brother.”

”彼を愛していた。 彼は私の兄弟でした”と涙を流しながら話したという件は想像しただけで泣けてきます。

タイミング的に6月のモーリス・ディ&ザ・タイムのライブにギタリストとして参加して欲しかったけど現タイムのギタリスト、テレルの立場もあるしモーリス達共なにかありそうだから無理だったんでしょうね…

ジェシー・ジョンソンに関してはアルバム紹介してますが”アルバム紹介を1ページづつ見るの面倒!”かもしれないし半生って形では書いてないのでざっくりまとめておこうと思います😄
・・・と言っても書いてくうちに結構なボリュームになったので複数ページに分けますw

ジェシー・ジョンソンについて

1960年6月1日イリノイ州ロック・アイランド生まれ、15歳からギターを始め地元のバンドで演奏していました。
’81年(当時21歳)にミネアポリスに引っ越しモーリス・ディを通じてプリンスと知り合い、彼がプロデュースによるザ・タイムにギタリストとして参加します。

ザ・タイム離脱まで

ザ・タイムは、プリンスが表現したかったグループ性を強めたファンクという別のアプローチを吐き出す為のバンドで、殆どの演奏はプリンスがおこないモーリスがヴォーカルを入れる・・・というスタイルだったので、バンドとしての活動はライブのみという”操り人形的”な状態でした。(ジェシーを採用したのもギター・プレイではなくビジュアルが気に入ったからだったと言われてます)
当然アルバムの印税はプリンスに入る訳でギャラも少なくメンバーから不満も続出します。

’82年、ジャム&ルイスがSOSバンドのプロデュースをした後ライブ開場に飛行機で向かう途中アトランタでブリザードに合い結果サンアントニオ公演に穴を開けた事が引き金となって二人は解雇、後を追う形でモンテ・モアも脱退、代わりにポール・ピーターソン達が加入というバンドは大きく変化。そうした内紛を抱えながらも’84年の映画Purple Rainの大ヒットと繋がっていきます。

映画は大成功するものの、以前から問題になってた楽曲のクレジットやギャラの件は解決の糸口が見えず、モーリス・デイは脱退、必然的にジェシー・ジョンソンもポールと同時期に加入したマーク・カナディナスジェリー・ハバートと一緒に脱退します。(残ったポールとジェロームはザ・ファミリーとして再始動)

改めて書くと、プリンスに勝るとも劣らないギター・センスを持っていたジェシーが一番忍耐強くプリンスの側に居たんですよね…

2019-05-05BlogNEWS(Related), コラム