Exodus / エクソダス (’95)

アルバム情報

Released:1995/3/27 | Label: NPG Records

Track List

  1. NPG Operator Intro (0:33)
  2. Get Wild (4:33)
  3. Segue (0:37)
  4. DJ Gets Jumped (0:22)
  5. New Power Soul (4:09)
  6. DJ Seduces Sonny (0:38)
  7. Segue (0:42)
  8. Count The Days (3:24)
  9. The Good Life (5:48)
  10. Cherry, Cherry (4:44)
  11. Segue (0:18)
  12. Return Of The Bump Squad (7:19)
  13. Mashed Potato Girl Intro (0:20)
  14. Segue (3:00)
  15. Big Fun (7:26)
  16. New Power Day (3:48)
  17. Segue (0:14)
  18. Hallucination Rain (5:48)
  19. NPG Bum Rush The Ship (1:40)
  20. The Exodus Has Begun (10:05)
  21. Outro (0:35)

Personnel

Produce,Arranged,Composed

  • Prince (クレジットはThe New Power Generation)

Associate Producer

  • Kirk Johnson (9,10,12)

Member

  • Sonny T. (Bass & Lead Back Vox)
  • Michael B. (Drums & Vox)
  • Mayte (Back Vox & Spanish Vibe & Hallucinations)
  • Tommy Barbarella(Piano, Purpleaxxe & Vox)
  • Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (Organ,Synths & Vox)
  • Prince (クレジットはTora Tora) (Double Bass, Vox)

Additional Musician

  • New Power Generation Hornz (2,5,20)
  • Ericc Leeds (Saxophone & Flute) (9,12,15)
  • Michael Scott (Strokes Guita) (10)
  • Denis Border (Electric Violin) (12,18)
  • Rain Ivana (NPG Operator)
  • The Steeles (Back Vox) (20)
  • And More….

アルバム・レビュー

ワーナーと契約に揉めて’93年6月の「改名宣言」後、しばらくアルバムの制作に取り掛からなかったプリンスがThe Gole Experience と同年にNew Power Generation名義としてはGold Niggaから1年半振りリリースした2ndアルバムです。

ワーナー側からは1年に複数アルバムを出されては売上が分散してしまうというクレームに対し、プリンスでは無くTora Toraという別のキャラになりNPGという別グループとしてのアルバムという体裁をとり、リリースもワーナーではなく自身のNPG Recordsからリリースしました。
傍目からは”まるで子供の様だ”と揶揄される事もありましたが、逆を言えばプリンスとしては周りになんと言われようとリリースしたかった作品と言えます。

アルバム制作時期が「The Gold~」とほぼ一致しているという事で、メンバーやNPG Operatorのレイン・イヴァーナ、スティールズ等ほぼ一緒のミュージシャンで構成されています。

曲間を”Segue”で繋ぐお馴染みのコンセプトで制作され、サウンドは全編にソウル&ファンク色が強くいです。
このアルバムではNPG Hornzによるホーン・セクションが効果的に使われていて、シングル・カットされた“Get Wild”ではJBサウンドにも通じるところがあります。特にソウルフルなインスト・ナンバーの“New Power Soul”では殿下は1ギタリストになってMr.HayesのオルガンやNPG Hornzの引立役になっているところ等、正にバンドならでは1曲だと思います。
他にもソニー・Tがメイン・ヴォーカルをとるアコースティック・バラードの“Count The Days”や、マイケル・スコットのStrokes Guitarが渋い“Cherry,Cherry”等もソウルフルで良いですし、P-Funkっぽいサウンドの“Retuern Of The Bump Squad”“The Exodus Has Begun”等かなり良いです。

プリンスのアルバムは結構同時期に複数枚を制作しますが、ポップロック指向の「The Gold~」、ファンク指向の今回のアルバム。
同時に異なるアルバムを作る才能は本当に凄いです。