Rave Un2 The Joy Fantastic/ レイヴ・アン2・ザ・ジョイ・ファンタスティック (’99)

アルバム情報

Released:1999/11/9 | Label: NPG, Arista

Track List

  1. Rave Un2 The Joy Fantastic (4:19)
  2. Undisputed (4:20)
  3. The Greatest Romance Ever Sold (5:30)
  4. Segue (0:04)
  5. Hot Wit U (5:11)
  6. Tangerine (1:31)
  7. So Far, So Pleased (3:24)
  8. The Sun, The Moon And Stars (5:16)
  9. Everyday Is A Winding Road (6:13)
  10. Segue (0:19)
  11. Man’O’War (5:15)
  12. Baby Knows (3:19)
  13.  Love U, But  Don’t Trust U Anymore (3:36)
  14. Silly Game (3:30)
  15. Strange But True (4:13)
  16. Wherever U Go, Whatever U Do (3:16)
  17. The Greatest Romance Ever Sold (Adam & Eve Remix) (5:32)
    *Bonus Track for Japan Only
  18. Segue (0:44)
  19. Prettyman (4:25)

Personnel

Produce

  • Prince

Arranged, Composed & Peformed

  • Prince

Written

  • Prince
  • Prince (1)
  • Prince & Chuck D (2)
  • Sheryl Crow, Jeff Trott, Brian McLeod (9)

Additional Musician

  • Clare Fischer (orchestration) (8,10,11,14)
  • Rhonda Smith (bass) (6,7)
  • Michael B. (drums) (12)
  • Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (chants) (2)
  • Kirk Johnson (chants,drums,percussion) (2,7,11)
  • Kip Blackshire (vocals) (2,9)
  • Bros. Jules (scratches) (2,19)
  • Mike Scott (guitar) (3)
  • Michael B. Nelson (trombone) (5)
  • Steve Strand (trumpet) (5)
  • Dave Jensen (trumpet) (5)
  • Kathy Jensen (saxophone) (5)
  • Kenni Holmen (saxophone) (5)
  • Marva King (vocals) (7)
  • DuJuan Blackshire (vocals) (9)
  • Johnnie Blackshire (vocals) (9)
  • Larry Graham (vocals) (9)
  • Maceo Parker (saxophone) (18)
  • Chuck D (rhyme) (2)
  • Adele C. (queen) (2)
  • Gwen Stefani (co-lead vocals) (7)
  • Sheryl Crow (co-lead vocals and harmonica) (12)
  • Ani DiFranco (acoustic guitar) (13)
  • Eve (rhyme) (5)

Cover

  • Everyday Is a Winding Road by Sheryl Crow (1996) (9)

Sampled

  • “Bring the Noise” by Public Enemy (1987) (2)

アルバム・レビュー

未発表音源集の「Crystal Ball」や「The Vault… Old Friends 4 Sale」がリリースされましたが、スタジオ・アルバムとしては「Emancipation」以来3年振りの新作です。

久しぶりの大手レコード会社アリスタと”契約”ではなく”販売の合意”をしたPrinceの新作はプロデューサーに”プリンス”を迎えての制作となりました。(このニュアンスに注目!)
と言うのも作品を一聴しての感想は”お帰り!”と言いたくなる位’80年代中~後半の頃のサウンドが甦っています。
“Rave Un2 The Joy Fantastic”で聴かせるファンキーなギターとドラムのリズム、先行シングルの“The Greatest Romance Ever Sold”で聴かせる久しぶりの纏わりつくようなギター・サウンドとヴォーカル、“I Love U,But I Don’t Trust U Anymore”ではピアノによる綺麗なバラード….どれを聴いても”プリンスらしいサウンド”のオンパレードです。
ちなみにタイトル曲の“Rave Un2 The Joy Fantastic”は原型は’88年の作品で「BATMAN」に提供する為に一度仕上げたもののお蔵入り。
いつかこのタイトルのアルバムをリリースしたいという意向があって、ずーっと保管されていたらしいです。

また「Emancipation」に次いで本作にもカヴァー曲が収録。今回はシェリル・クロウの“Everyday Is A Winding Road”を収録しています。
カヴァーのお礼なのかシェリルは“Baby Knows”にヴォーカルとハーモニカでゲスト参加しています。
ゲストと言えば、本作にはPrinceにとってメンター的な存在となったラリー・グラハム他、メイシオ・パーカーに加え、パブリック・エネミーのチャックD、グウェン・ステファニー、イヴ、アニー・デフランコと移植のコラボが実現しています。

歌詞では前述の“The Great~”以外にも元妻のマイテの事を言ってるようにも取れる歌が数曲あり、Princeの直接言えない内面性が表現されているアルバムだと思います。
ただ”解放”されたお陰で毒気が薄れた点が気になりますが…

日本盤の最後に記載されているマハトーマ・ガンジーの一説を見ると、マイテとの子供の死が与えた衝撃が感じられ、最近バイブルを読んでるPrinceの気持ちが判るような気がしてきます。(この頃からエホバの香りがしてきます)

本作の1年半後、npg music clubよりリミックス・アルバム「Rave in2 joy fantastic」をリリースします。

【受賞】

Genesis Awards

「Rave Un2 The Joy Fantastic」:The Dolly Green Special Achievement Award