Gett Off Remix EP / ゲット・オフ・リミックス・EP (’91)

シングル情報

Released:1991/12/21 | Label: Warner Bros., WEA Japan

Track List

  1. Gett Off (Extended Remix) (8:31)
  2. Gett Off (Houstyle) (8:20)
  3. Violet The Organ Grinder (4:59)
  4. Gangster Glam (6:04)
  5. Cream (N.P.G. Mix) (5:47)
  6. Things Have Gotta Change (Tony M. Rap) (3:57)
  7. 2 The Wire (Creamy Instrumental) (3:13)
  8. Get Some Solo (1:31)
  9. Do Your Dance (KC’s Remix) (5:58)
  10. Housebangers (4:23)
  11. Q In Doubt (4:00)
  12. Ethereal Mix (4:43)

Personnel

Produce, Arranged, Written

  • Prince

Member

  • Rosie Gaines (keyboards and vocal)
  • Levi Seacer, Jr. (bass, rhythm guitar)
  • Sonny T. (bass guitar)
  • Tommy Barbarella (keyboards)
  • Michael B. (drums)
  • Tony M. (rap)
  • Damon Dickson (background vocals)
  • Kirk Johnson (background vocals)
  • Clare Fischer (String Arrangements) (3)

Remix

  • Keith Cohen (Keith “KC” Cohen) (9)
  • Junior Vasquez (10)

Sample

  • Shack Up (Part II) by Banbarra (1975) (2)
  • Feel Good, Party Time by J.R. Funk and the Love Machine (1980) (3)
  • Funky Drummer by James Brown (1970) (4)
  • Theme From the Planets by Dexter Wansel (1976) (5)

レビュー

本国リリースの「Gett Off」「Cream」をまとめて1枚にした日本独自企画のシングル。
“Gett Off”というタイトルなのに”Cream”のシングル盤のアートワークを使った所がチョットやっつけ感がありますね。

“Gett Off”からは正当進化版の“Extended Remix”、ハウス・リミックスの“Houstyle”、源流は”Gett Off”ですがトニーM達は参加せずプリンスがラップを披露しよりも妖しくダークなサウンドが魅力の“Violet The Organ Grinder”、プリンスはサビのコーラスに留めトニーMとロージを前面に押し出した“Gangster Glam”と1曲をこれだけ様変わりさせるプリンスのアレンジ力は天才的です。

”Cream”はストリート感をアップさせた“N.P.G. Mix”の他、”Gett Off”同様トニーMとロージを前面に押し出した”Things Have Gotta Change”、ヴォーカルを極力排除したダンス・ナンバーの“2 The Wire”、アレクサンダー・オニールやジェシー・ジョンソンのリミックスを手掛けたキース・コーエンによる”Do Your Dance”、と”Thieves In The Temple”でも手腕を奮ったジュニア・ヴァスケスによるハウス・ミックスの”Housebangers”、ペーズリー・パークの仕事を多く手掛けるデイヴ・フリードランダー(Dave Friedlander)の編集による2曲のインスト曲等こちらもダンス・ナンバーが勢揃いです。

MV集も魅力的

近年公式にMVがアップされましたが、当時は”Gett Off”のリミックスのみを集めたビデオとLDも発売されました。

The Ways of the Pharaoh

このCDは公式リリースにも関わらずプリンス側からは許可していないブート(海賊盤)と言われ、当時npgmcがブートを集めて道に埋めるという”The Ways of the Pharaoh (ファラオの道)”プロジェクトの対象となていました。

Music Video