Parade / パレード (’86)

アルバム情報

Released:1986/3/31 | Label: Paisley Park, Warner Bros.

Track List

  1. Christopher Tracy’s Parade (2:09)
  2. New Position (2:21)
  3. I Wonder U (1:40)
  4. Under The Cherry Moon (2:57)
  5. Girls & Boys (5:30)
  6. Life Can Be So Nice (3:12)
  7. Venus De Milo (1:54)
  8. Mountains (3:58)
  9. Do U Lie? (2:43)
  10. Kiss (3:38)
  11. Anotherloverholenyohead (3:58)
  12. Sometimes It Snows In April (6:48)

Personnel

Produce,Arranged,Composed

  • Prince

Arranged

  • David Z (10)

Member

  • Wendy Melvoin (guitars and vocals)
  • Lisa Coleman (keyboards and vocals)
  • Bobby Z. (drums and percussion)
  • Brown Mark (bass and vocals)
  • Matt Fink (Dr.Fink) (keyboards and vocals)

Additional Musician

  • Susannah Melvoin (background vocals) (1,5,11)
  • Sheila E. (background vocals) (5) (cowbells) (6) (drums) (7)
  • Eric Leeds (horns) (5,8)
  • Atlanta Bliss (trumpet) (5,8)
  • Marie France (french seduction) (5)
  • Miko Weaver (guitar) (8)
  • Jonathan Melvoin (drums) (9)
  • Sandra Francisco (little gypsy girl) (9)
  • Craig “Screamer” Powell (Mazarati) (backing vocals) (10)
  • Tony Christian (Mazarati) (backing vocals) (10)
  • Marr Starr [aka One Gunn, Real Name : Marvin Gunn] (Mazarati) (Keyboards, backing vocals) (10)
  • Aaron Paul “Ace” Keith [aka Aaron Keith] (Mazarati) (Keyboards, backing vocals) (10)
  • Jerome “Romeo” Cox [aka Romeo Woodson] (Mazarati) (backing vocals) (10)
  • Kevin Patrick (Mazarati) (Drums) (10)
  • Clare Fischer (Orchestra arranged)

アルバム・レビュー

衝撃を与えた前作から1年も経たずにリリースされたこのアルバムは、プリンスにとって2作目の主演映画『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』で使用された音楽が収録されていまが、サントラ扱いではなくスタジオ・アルバム扱いとなってます。
(現在は”Music from the Motion Picture Under the Cherry Moon”と記載)

このアルバムは、当時プリンス本人と批評家でハッキリ批評が割れた珍しい作品です。批評家からは”最高傑作”との声も上がり、今でもこのアルバムをトップに上げる方は多いです。
一方プリンスは当時のインタビューで「”KISS”以外は特に誇れるものはない。早く強力なアルバムを作りたい。」と自らアルバムを早く制作し過ぎた事を反省しています。
本人の言った通り、全米で180万枚(それでも十分成功ですが)という数字はセールス的には失敗したと言えます。(ちなみに「Purple Rain」は1,000万枚)

今作の特徴は無駄な部分そ削ぎ落とした非常にソリッドな感じのアルバムでした。
まずなんと言っても全米No.1にもなった“KISS”
元はブラウンマークがプロデュースしているマザラティに提供するハズだったのですが、渡すには勿体無いと考え引き取ったのは有名な話(代わりに”100 MPH”を提供)で、その経緯もあって楽曲にはマザラティも参加しています。
(クレジットでマザラティはbacking vocalsとなっていますが、レコーディングではキーボードやドラムも担当してると言われています)

劇中歌なのでとにかくバラエティ豊富で、冒頭を飾る“Christopher Tracy’s Parade”“Venus De Milo”ではオーケストラを導入、シンプルなドラム&シンセサウンドのファンク・ナンバー“New Position”、ホーン・セクションを上手く利用したソウル・ナンバーの“Girls & Boys”、空飛ぶじゅうたんの上で歌うMVもカッコイイ“Mountains”、そしてラストには屈指の名バラード“Sometimes It Snows In April”・・・どれ一つ欠けても成立しない名曲揃いのアルバムです。

映画自体はプリンスが思い描く内容通りに表現しきれずどちらかと言えばB級テイストですが、アルバムは何回も聴いていく内にその魅力に惹かれて病みつきになっていく1枚だと思います。

【受賞】

Grammy Awards

“Kiss”:Best R&B Performance By A Duo Or Group With Vocal

American Video Awards

“KISS”:Best Black Video

Edison Awards[Netherlands]

「Parade」:Best International Pop Album