LotusFlow3r / ロータス・フラワー (’09)

アルバム情報

Released:2008/9/30 | Label: NPG Records

Track List

  1. From The Lotus… (2:47)
  2. Boom (3:19)
  3. Crimson And Clover (3:52)
  4. 4ever (3:48)
  5. Colonized Mind (4:48)
  6. Feel Better, Feel Good, Feel Wonderful (3:53)
  7. Love Like Jazz (3:50)
  8. 77 Beverly Park (3:04)
  9. Wall Of Berlin (4:17)
  10. $ (3:57)
  11. Dreamer (5:31)
  12. …Back 2 The Lotus (5:35)

LOTUSFLOWE3Rのダウンロードでは”Crimson And Clover”の変わりに”The Morning After (2:06)”が収録。

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Prince

Written

  • Prince
  • Tommy James, Peter Lucia Jr. (3)

Additional Musician

  • Michael B. (drums) (1,5,7,9,12)
  • Sonny T. (bass) (1,5,7,9,12)
  • Támar Davis (vocals) (4,5)
  • Bria Valente (vocals) (4,5)
  • Shelby J. (vocals) (4,5)
  • Marva King (vocals) (4,5)
  • Maceo Parker (saxophone, vocals) (10)
  • Greg Boyer (trombone, vocals) (10)
  • Mike Phillips (saxophone, vocals) (10)
  • Lee Hogans (trumpet, vocals) (10)
  • Cora Coleman-Dunham (drums) (2,4,10,11) (The Morning After)
  • Joshua Dunham (bass) (2,4,10,11) (The Morning After)
  • Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (keyboard) (2,5) (The Morning After)

Cover

  • “Crimson and Clover” by Tommy James and the Shondells (1968) (3)

Sampled

  • Quit It by Miriam Makeba (1974) (5)

アルバム・リリースまでの動き

本国アメリカやヨーロッパで定期的にライブを開催したり、公式サイの3121.comでも未発表曲を聴けたりと順調な反面、プリンスの弁護士側からファン・サイトに対して画像削除要請、Youtube等の動画サイトへの削除依頼、レコード会社やファンに向けて歌った”PFUnk”(後にF.U.N.Kに変更)を公式サイトやiTunes Storeで発表、そして’07年12月末に3121.comの閉鎖等・・・話題に事欠かないプリンス。
暫く動向が不明瞭でしたが、’08年10月に初の写真集(ライブCD付)「21 Night」を販売辺りから活発になり、同時期辺りで以前3121.comで発表されていたブリア・ヴァレンティの“Another Boy”をiTunes Storeで販売、そして’09年1月にLOTUSFLOW3R.com(ロータスフラワーの意味は蓮の花)という新たな公式サイトをオープン、同名アルバムをリリースしました。

アルバム・レビュー

前述のブリアのソロ・アルバムを含め3枚組、しかも米ディカウント・チェーンのTagetからの限定発売で価格は$11.98という低価格でのリリース。当初この”限定発売”という事でアメリカ以外での購入は難しいかと思われましたが、実際はLOTUSFLOW3Rサイトでのダウンロード販売(年会費$77)、大手CDショップでも価格は少々高めになりましたが販売されました。

参加メンバーは、レナートが抜けていますが基本的には前作「Planet Earth」のNPGメンバーです。
雷雲の様なイントロの後プリンスのギターが流麗なインスト・ナンバーの“From The Lotus…”はジャケットの怪しさとピッタリなオープニングで、続く“Boom”との繋がりも含めこのアルバムの全体像を集約しています。続く“Crimson And Clover”はトミー・ジェイムス&ザ・ションデルズのカバーで妖艶なPVも必見です。
ちなみにダウンロード版では、この曲の代わりに“The Morning After”が収録されていて、こちらは一転してキャッチーなサウンドとサイケっぽいキーボードで魅力的な1曲ですが、全体の繋がりとしては”Crimson~”の方がしっくりくるかな?と思います。

バック・ヴォーカルにテイマーが入ってる辺り「3121」と「Planet Earth」の間頃に収録されたと思われる静かなオープニングから徐々に高揚していく様が秀逸な“4ever”や、ちょっとダークな“Colonized Mind”。ファルセットやシャウト、ヴォーカルの多重録音といったプリンス・サウンドの良いトコを詰め込んだファンキーな“Feel Better, Feel Good, Feel Wonderful”(タイトルと歌詞の順番が違うのはワザと?)、タイトル通りのジャジーなナンバーの“Love Like Jazz”、オールド・スタイルのロックン・ロールをプリンス風にアレンジした“$”、ジミヘンみたいなヘヴィなギター・サウンドが特徴的な“Dreamer”、そして冒頭と連動した形のインスト・ナンバー“…Back To The Lotus”で幕を閉じます。

前述の”4ever”も含め、過去に公式サイト流れた事のある”Feel Good~”、女性の吐息とヘヴィーなギターから一転してアコギのサウンドが涼やかな“77 Beverly Park”等、お蔵入りの楽曲をアルバムとしてリリースした様にも思えます。とは言えプリンスの場合、ストックの中からアルバムを作成する事はよくある事で、本作もギター・サウンドに重きを置いた良盤かと思います。

同アルバム収録の「MPLSound」と「Elixer」はそれぞれ別に記載しています。

3枚組

高騰していますが「LOTUSFLOW3R」、「MPLSOUND」、「Elixir」の3枚組のリンクも貼っておきます。
2018年8月のデジタル配信で需要は低くなってますが、現時点で「Elixir」を聴くにはフィジカルを購入するしかありません。

Music Video

2018-04-28Prince Album'00s, NPG, NPG Records, Studio Album

Posted by KID