HITnRUN Phase One / ヒット・アンド・ラン フェーズ・ワン (’15)

アルバム情報

Released:2015/9/14 (9/7 for TIDAL Streaming) | Label: NPG Records, Universal

Track List

  1. Million $ Show(feat.Judith Hill) (3:10)
  2. Shut This Down (3:03)
  3. Ain’t About To Stop(feat.Rita Ora) (3:38)
  4. Like A Mack(feat.Curly Fryz) (4:04)
  5. This Could B Us (4:11)
  6. Fallinlove2nite (3:12)
  7. X’s Face (2:38)
  8. Hardrocklover (3:42)
  9. Mr. Nelson(feat. Lianne La Havas) (2:27)
  10. 1000 X’s & O’s (4:27)
  11. June (3:21)

Personnel

Produce, Arranged, Composed, Written

  • Prince & Joshua Welton

String Arrangements

  • Adi Yeshaya

Horn and String Arrangements, String production

  • Michael B. Nelson

Aditional Musician

  • Judith Hill (Vocals) (1)
  • Rita Ora (Vocals) (3)
  • Charli Curiel (Rap) (4)
  • Danielle Curiel (Rap) (4)
  • Lianne La Havas (Vocal) (9)
  • Michael B. Nelson (Trombone) (1,6)
  • Steve Strand (Trumpet) (1,6)
  • Dave Jensen (Trumpet) (1,6)
  • Kenni Holmen (Tenor sax) (1,6)
  • Kathy Jensen (Baritone sax) (1,6)
  • Donna Grantis (Guitar & Back Vocals) (3)
  • Hannah Ford (Back Vocals) (3)
  • Ida Nielsen (Back Vocals) (3)
  • Joshua Welton (keyboards, drum programming, Vocals) (7)
  • Keith Anderson (Saxophone) (4)
  • Marcus Anderson (Saxophone) (4)
  • Lynn Grissett (Trumpet) (4)
  • Joey Rayfield (Trombone) (4)
    and more…

アルバム・リリースまでの動き

古巣ワーナーと再契約し’14年9月に単独名義の「ART OFFICIAL AGE」と3RDEYEGIRLと一緒に作った「PLECTRUMELECTRUM」の2枚を同時リリースしたプリンス。
一時は「Purple Rain」の25周年記念盤をリリースすると噂されるも後ろを振り向かず、ジョシュアと一緒にリタ・オラに新曲“The Single Most Amazing”を提供(未発表のまま)した他、3RDEYEGIRLと新曲“What If”“exs face”を公開。
また5月にはボルティモアで起きたフレディ・グレイさんの死亡事件を受け“BALTIMORE”を発表&ボルティモアでライブを敢行。
極めつけは3月に不遇な環境にいた新人のジュディス・ヒルの為に全面プロデュースした「Back In Time」を制作&無料配信するというビックリする様なプロモーションを展開する等、この1年はnpgmcを展開していた頃の様な目まぐるしい活動を行っています。

そして前述の“BALTIMORE”のデジタル配信を開始した5月末、突如youtubeで”Don’t “Stare” At The Newfunk By Prince This Summer”というメッセージと共に“FREE URSELF”というタイトルの付いたプロモーション動画を配信。
7月には“HARDROCKLOVER”“Stare”を公開し、翌8月に発表されたのが本作です。

アルバム・レビュー

まずはJAY-Z&ビヨンセ夫妻が立ち上げたTIDALから9月7日に先行リリースとして配信、1週間遅れの14日にCDをリリースする形となりました。(フィジカルはユニバーサルから発売)

ART OFFICIAL AGE」(以下「AOA」)で手腕を振るった3RDEYEGIRLのハンナの旦那さんでもあるジョシュア・ウェルトン(25歳)を共同プロデューサーとして迎えています(今回はソングライトも共作)。
この他、ホーン&ストリング・アレンジに’90年代から仕事をしているマイケル・B・ネルソン、そして色んなクラッシック・アルバムにも参加しているアディ・イェシャハがクレア・フィッシャー亡き後のストリング・アレンジを担当している辺りは前作同様です。

スタッフの編成と収録曲の内容的にも「AOA」とほぼ同時期に作られた楽曲+αという雰囲気がします。
Diamonds & Pearls」の頃はラップやヒップ・ホップを全面に取り入れましたが、今回は“プリンス流EDM”
プリンスが流行に乗るとファンからは”じゃない”と反発が来る事もありますね。もし”ファンに受け入れられるアルバム”作ろうと思ったらジュディス・ヒルに提供した「Back In Time」をプリンスが出せば済むんでしょうが、それをやらないのがプリンスらしいです。

「AOA」を簡素化したアートワークに’00年からやってたツアー・タイトルの”HITnRUN”、そして1枚で完結しない”Phase One”というサブ・タイトルから、今までの様な”アルバムに対する強い思い”を感じられないです😅
それは最初の配信がTIDALだった事も関係してるかもしれないです。
感覚的にはアルバムというよりnpgmcで配信してた様な事をTIDALを利用しようとしていたのかも・・・
但しTIDALは利用出来る国が少ない為、制作途中からフィジカル・リリースも作る事になったのかもしれません。

そういう気楽な気持だとすれば、当時”ぼくは老人と付き合っている暇はないんだよ。ぼくは若い人たちと仕事がしたいんだ”と発言した事を実現した”若手と音楽を楽しむ為のアルバム”を作ったんじゃないでしょうかね。(過去これだけ若い女性ばかりゲスト起用したアルバム無いですしね・・・)

そういう考えるとプリンスなら絶対やらないであろう”1999″と”Let’s Go Crazy”の冒頭を使う仰々しいイントロの“MILLION $ SHOW”や、オリジナルの方が断然良い“THIS COULD B US”“MR. NELSON”なんかジョシュアのアイデアを受け入れて作ったと想像出来ます(‘-‘)

ちょっとマイナスな事ばかり書いてますが“SHUT THIS DOWN”“HARDROCKLOVER”みたいにライブ映えしそうな楽曲ありますし、個人的にはセルフ・カヴァーの“1000 X’s & o’s”も好きな1曲です(*’-‘)
プリンスは未だ新しい音楽を求めて貪欲に活動している事は喜ばしい訳ですが、新しい事をすると”前の楽曲が好きだった”というファンとの温度差が出来てしまいます。
この現象は”プリンスあるある”みたいなもので、個人的には賛否はどうであれTIDALと関係が良好である限り、今後”Phase Two”、”Phase Three”とリリースされると思ってます。(ほんとそうなれば良かったんですが…)