スポンサーリンク

BATMAN / バットマン ('89)

アルバム情報

Released:1989/6/20 | Label: Warner Bros.

Listen on Apple Music

Track List

  1. The Future (4:07)
  2. Electric Chair (4:07)
  3. The Arms Of Orion (5:02)
  4. Partyman (3:11)
  5. Vicki Waiting (4:51)
  6. Trust (4:23)
  7. Lemon Crush (4:15)
  8. Scandalous (6:14)
  9. Batdance (6:13)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Prince

Written

  • Prince
  • Prince and Sheena Easton (3)
  • Prince and John L. Nelson (8)

Additional Musician

  • Eric Leeds (saxophone) (6)
  • Atlanta Bliss (trumpet) (6)
  • Clare Fischer (orchestra) (1)
  • Sheena Easton (co-lead vocals) (3)
  • Sounds of Blackness (choir) (1)
  • Jack Nicholson (sampled vocals) (1,4,5,9)
  • Michael Keaton (sampled vocals) (1,4,5,9)
  • Kim Basinger (sampled vocals) (1,4,5,9)
  • Christopher Fairbank (sampled vocals) (1)
  • Femi Jiya (sampled vocals) (4)
  • Anna Fantastic (sampled vocals) (4)
  • Robert Wuhl (sampled vocals) (6)
  • Matthew Larson (sampled vocals) (9)

Sampled

  • "Batman Theme" by Neal Hefti ('66) (9)
  • "I Wouldn't Change a Thing" by Coke Escovedo ('76) ("Batdance (The Batmix)")

アルバム・レビュー

Purple Rain以降徐々にセールスを落とし、LOVESEXYではついに米国よりも英国がチャート成績が良くなったという状況で作られた新作は、マイケル・キートン主演映画『バットマン』のサウンド・トラックでした。
プリンス自身が出演しないサウンド・トラックを手掛けたのは、監督のティム・バートンとジャック・ニコルソンがプリンスの大ファンという事で実現した様です。
プリンスも子供の頃、父親がピアノで"バットマンのテーマ"を弾いてくれた事もあったというエピソードがある位なので相思相愛という形で実現したと思います。

プリンスにとってみれば今までのアルバムは自己表現の1つの手段でしたが、このアルバムに関して言えばシナリオやイメージが最初からある為に完全に商業ベースで作る事のできるアルバム。
そういう意味からも肩の力が抜け自由に制作したアルバムになっています。

"The Future"ではバットマン役のマイケル・キートンの声をサンプリングしソリッドなサウンドにしたり、"Electric Chair""Partyman"ではジョーカー役のジャック・ニコルソンの声をサンプリングしてファンキーなナンバーを披露したりと、各キャラクターの声を自在に操り、そのテクニックを存分に発揮しています。
まるで”セールス重視のアルバムなんて造作もないさ!”と言わんばかりに・・・・
特にラストの"Batdance"では、その集大成とも言える程、映画の1シーンをサンプリングして秀逸な組曲に仕上がっています。(プロモーションビデオも圧巻)

またプリンスが惚れてたシーナ・イーストンを迎えてしっとりと歌い上げる"The Arms Of Orion"も全体のバランスを整える良いアクセントになっています。

このアルバムはティム・バートンが描くダークな雰囲気とプリンスの作ったサウンドが見事にマッチし、全世界で600万枚も売れるという久々の大ヒットになりました。

"Vicki Waiting"のオリジナル

アルバム収録の"Vicki Waiting"は当時付き合っていたアナ・ガルシア(プリンスからアンナ・ファンタスティックと命名)の為に作られた曲でオリジナルは"Anna Waiting"で、"Lemon Crush"は彼女が好きな飲み物から名付けられました。

プリンスが関与する前にはマイケル・ジャクソンにも打診

映画製作時、プロデューサー(ピーター・グーバーもしくはジョン・ピーターズ)はマイケル・ジャクソンにも打診したそうですが、当時BADツアー中だった事もあり断られたと言われています。(マイケルはエピック所属で映画はワーナーというのも障害になったかもしれません)

30 Things You Didn't Know About Tim Burton's Batman – Page 5
30 Things You Didn't Know About Tim Burton's Batman – Page 5

whatculture.com

これについてはプリンスもローリングストーン誌のインタビューで

“Did you know that the album was supposed to be a duet between Michael Jackson and me?”
"このアルバムは、マイケル・ジャクソンと僕のデュエットになるはずだったって知ってた?"

と語っていますが、プロデューサー側がデュエットまで構想していたかは不明。

Batman: How Prince Invented The Blockbuster Soundtrack Album - Dig!
Batman: How Prince Invented The Blockbuster Soundtrack Album - Dig!

thisisdig-com.nds.acquia-psi.com

映画製作時、テム・バートン監督はイメージを掴むため"1999"と"Baby I'm A Star"を使用していて、1988年12月に監督から再録または新曲の提供を打診。1989年1月には撮影中のパインウッド・スタジオに招かれセットや映像を目の当たりにし創作意欲が高まります。
プリンスは〈Lovesexy Tour〉の日本公演を終えると休暇返上でペイズリー・パークに籠もり”200 Balloons”や"Batman Theme"、当時制作中だったアルバムから"Rave Unto The Joy Fantastic"などを含む11曲を監督に提出。この事が影響したのかプリンス単独で使用される事になったと言われています。

サウンズ・オブ・ブラックネスのゲイリー・ハインズによる証言

2022年、サウンズ・オブ・ブラックネスのゲイリー・ハインズは、インタビューで「夜中にプリンスに呼ばれて”Scandalous”のレコーディングをした」と証言。
結果的にグループのコーラスは採用されませんでしたが、"The Future"や”Batdance”で採用されました。

The Oral History of Prince’s ‘Batman’ Soundtrack - The Ringer
The Oral History of Prince’s ‘Batman’ Soundtrack - The Ringer

www.theringer.com

【受賞】

ASCAP Film and Television Music Awards

"Partyman":Most Performed Songs from Motion Pictures

BRIT Awards[UK]

「Batman」:Best International Solo Artist

Music Video

スポンサーリンク

© 2022 NPG Prince Site