Candy Dulfer / キャンディ・ダルファー

1969年9月19日オランダ・アムステルダム生まれ、父ハンス・ダルファーの影響で6歳からサックスを吹き始め、14歳の頃にバンド“Funky Stuff”を結成したりと幼い頃からサックス・プレイヤーとして活動。

’88年マドンナのオープニング・アクトの大仕事を終えるとプリンスの”LOVESEXY tour”のオランダ公演のサポートのオファーが舞い込みます。
ところがプリンスは土壇場でキャンセル。怒ったキャンディはプリンスに

“that he had missed the chance to see a girl ‘play her ass off’ on saxophone.”

メモを残し帰ります。それを知ったプリンスは彼女に謝罪し残りの2公演をお願い。8月19日にゲスト参加しました。

その後日アメリカを訪れたキャンディをペイズリー・パークに誘い、ジル・ジョーンズの次回作に収録予定だった“My Baby Knows”(未発表)やBATMAN収録の”Partyman”のMVやGraffiti Bridgeのレコーディングに参加させたりと”上げ膳据え膳で”プリンスの勧誘を受けましたが結果的にレーベルに加入する事はせず、ソロ・アーティストとして活躍。
バンドの一員として加入はしませんでしたが、’98年からサポート・メンバーとして頻繁に参加しました。

2018-06-02