Blue Velvet / Sue Ann (’88)

スー・アン / ブルー・ヴェルベット

アルバム情報

Released:1988/9 | Label: Warner Bros.

Track List

  1. Fiction (4:34)
  2. Boyfriend (5:41)
  3. Rock Steady (6:59)
  4. You’re So Precious (4:15)
  5. Ooh, Ooh, Oh, Oh (4:08)
  6. I’ll Give You Love (6:33)
  7. A Good Man (4:39)
  8. Pleasure (5:04)
  9. Love Dies Hard (4:04)

Personnel

Produce

  • Jesse Johnson (1-5)
  • David Lewis, Wayne Lewis (6)
  • Robert Brookins (7, 8)
  • James Mtume (9)

Written

  • Jesse Johnson (1)
  • Craig Freels, Jesse Johnson, Keith Woodson (2)
  • Aretha Franklin (3)
  • Jesse Johnson, Sue Ann (4)
  • Jesse Johnson, Keith Woodson (5)
  • David And Wayne Lewis (6)
  • Doug Lovelace, Robert Brookins, Tony Haynes (7)
  • Robert Brookins, Tony Haynes (8)
    Mtume (9)

Additional Musician

  • Jearlyn Steele (backing vocals) (3)
  • Kim Cage (backing vocals) (3, 5)
  • Sugar Free (rap) (3)
  • Alex Brown (backing vocals) (7, 8)
  • Carl Carwell (backing vocals) (7, 8)
  • Keith John (backing vocals) (7)
  • Katrina Perkins (backing vocals) (8)
  • Myrna Smith-Schilling (backing vocals) (8)
  • Gary Cooper (backing vocals) (9)
  • Philip Field (backing vocals) (9)
  • Tawatha (backing vocals) (9)
  • David Cochrane (guitar) (6)
  • Wayne Lewis (keybords) (6)
  • Robert Brookins (drums, percussion, keybords) (7,8)
  • Kevin Chokan (guitar) (7,8)
  • Michael Landau (guitar) (7)
  • Edward Moore (guitar) (9)
  • Mtume (keybords) (9)
  • Philip Field (keybords) (9)
  • Vincent Henry (saxphone) (9)

アルバム・レビュー

デビュー・アルバム「Sue Ann」の商業的失敗により地元ミネアポリスに帰郷し再起を図るものの埒が明かずLAに移動。そこで偶然出会った、ボビー・ブラウンやデイルを手掛け自身もアーティストとして活躍するロバート・ブルッキンズの手助けもありRCAに移籍します。

スー・アンにとってはロバートは救世主でしたが、もう一人の運命的な出会いは彼女のプロデュースを任された同郷のジェシー・ジョンソンでした。
当時ジェシーは既にソロとして一本立ちし、プロデューサーとしても「タ・マラ&ザ・シーン」で経験を積んでいました。
本作では全9曲中5曲をジェシー、その他にアトランティック・スターを手掛けたデヴィッド&ウェイン・ルイス、前述のロバート・ブルッキンズが2曲、そしてステファニー・ミルズ等を手掛けたジェームズ・エムトゥーメが担当しました。

先行シングルはジェシーらしいエッジの効いたサウンドに仕上げたアレサ・フランクリンのカヴァー“Rock Steady"で、この出会いはこれ以降強い信頼関係を築く事になります。
前半5曲は安定のミネアポリス・サウンドで、後半にはアーバン感漂う2ndシングルの“I’ll Give You Love"、ロバートによる当時流行ったバウンシーな“Pleasure"等も魅力的で、確実に前作を上回る良作となりました。