Indigo Nights -Live Session- / インディゴ・ナイツ (’08)

アルバム情報

Released:2008/9/30 | Label: NPG Records

Track List

  1. 3121 (inc. The Entertainer) (7:44)
  2. Girls & Boys (4:05)
  3. The Song Of The Heart (1:39)
  4. Delirious (2:01)
  5. Just Like U (Monologue) (2:49)
  6. Satisfied (6:19)
  7. Beggin’ Woman Blues (6:43)
  8. Rock Steady (6:37)
  9. Whole Lotta Love (4:42)
  10. Alphabet St. (6:09)
  11. Indigo Nights (3:41)
  12. Misty Blue (4:25)
  13. Baby Love (3:54)
  14. The One (The Question Of U) (9:08)
  15. All The Critics Love U In London (7:05)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Prince

Written

  • Prince
  • Prince, Joseph Pleasant, Ben Raleigh, Hilda Taylor (7)
  • Aretha Franklin (8)
  • John Baldwin, John Bonham, James Patrick Page, Robert A. Plant, Willie Dixon (9)
  • Bob Montgomery (12)
  • Barry “B.B. Queen” Borden, Martin Keck, Joyce Kennedy, Gary Moore, Glenn Murdock, Jerry “Wyzard” Seay (13)

Member

  • Cora Coleman-Dunham (drums)
  • Joshua Dunham (bass)
  • Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (keyboards)
  • Renato Neto (keyboards)
  • Greg Boyer (trombone)
  • Lee Hogans (trumpet)
  • Mike Phillips (saxophone)
  • Marva King (vocals)
  • Shelby J. (back vocals) (lead vocals) (12,13)
  • Nandy McClean (background vocals) (“The Twinz”)
  • Maya McClean (background vocals) (“The Twinz”)
  • Beverley Knight (lead vocals) (8)

Sampled

  • “The Entertainer” by Scott Joplin (‘1902) (1)

Cover

  • Rock Steady by Aretha Franklin (‘1971) (8)
  • “Whole Lotta Love” by Led Zeppelin (‘1969) (9)
  • “Misty Blue” by Eddy Arnold (‘1966) (12)
  • Baby Love by Mother’s Finest (‘1977) (13)

アルバム・レビュー

’08年にリリースされた本作は、’07年にイギリスのO2アリーナで開催された写真集で、O2アリーナのバックステージやライブの模様を載っている124ページの美しい写真集がメインなのですが、音楽ファンとしては同梱の「Indigo Nights」が貴重です。

プリンスの公式のライブ盤としては「One Nite Alone…Live!」以来で、ライブ後に行われるアフター・ショウの中から’07年9月17日・22日から選曲、抜粋ではあるものの上手く編集してあるので違和感も無く、非常に聴き応えがあります。
また、ブルース・ナンバーの“Beggin’ Woman Blues”Get On The Boatのライブ・アレンジ版と言える“Indigo Nights”と2曲の未発表曲が収録されているのもファンには嬉しいです。

耳馴染みのある”The Entertainer”を内包したライブ・アレンジの“3121”“Girls and Boys”、映画『ハッピー・フィート』に収録されいていた“The Song Of The Heart”から“Delirious”への流れも最高です!

オリジナルもさることながら、シェルビー・Jが歌うアレサ・フランクリンの(8)、ドロシー・ムーア版に近い(12)、マザーズ・ファイネスト(13)のカヴァー、そしてプリンスのギターが唸るツェッペリンの(9)といったカヴァーもライブならではの楽曲です。

【受賞】

Billboard Touring Awards

[21 Nights In London]:Boxscore Award