スポンサーリンク

N.E.W.S / ニュース ('03)

アルバム情報

Released:2003/6/30 (NPG Music Club download) 7/29 (Releace) 11/21(Victor Entertainment) | Label: NPG Records

Listen on Apple Music

Track List

  1. North (14:00)
  2. East (14:00)
  3. West (14:00)
  4. South (14:00)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Prince

Written

  • Prince

Musician

  • John Blackwell (drums)
  • Renato Neto (piano, synthesizers)
  • Rhonda Smith (bass)
  • Eric Leeds (saxophone)

アルバム・レビュー

公式サイトでは初のライブ盤である「ONE NITE ALONE... Live!」をリリースの頃、NPGMCからダウンロード限定で初のインスト・アルバム「Xpectation」を発表、続いてダウンロード・アルバムとして発表されたのが本作です。
この演奏はブックレットに記載された通り2003年2月6日の1日でレコーディングを行いました。
キーボード・マガジンに掲載されたレナートの記事によると、23時頃に3人を電話で呼び出すと「よし、4曲、それぞれ15分でやるよ。曲名は"NORTH","EAST","WEST","SOUTH"だ」それだけ指示して15分程経ったら停止。2時間後メンバーはスタジオを後にしたが、プリンスは残ってオーバーダビングを行い、数カ月後に完成した作品を聞かせたそう。凄いとしか言いようがないですね。
驚異的なスピードで制作された本作は他のアルバム同様ダウンロード限定かと思いきや、後日”まさかの”CDとしてもリリースされました。

と言うのも、これまでMADHOUSEや前述の「Xpectation」といったインスト・アルバムはあったものの、プリンス名義で一般流通経路に乗せるとは思っても見ませんでした。
そう言う意味でもやはり"簡単に予想出来ないお方"だなと思います。

本作はタイトルにちなんで東西南北の4曲しかも各曲14分というプリンスならではの拘りで構成され、新生NPGのレナート・ネイト、ジョン・ブラックウェル、ロンダ・スミス、そして旧友エリック・リーズで、プリンス本人はギター、フェンダー・ローズ、デジタル・キーボード、パーカッションを担当しています。

エリックのサックスとプリンスのフェンダーのサウンドが交差する心地よいサウンドが魅力的な"North"を筆頭に、中国の二胡の様な弦の響きからスタートしジョンの卓越したドラム・テクニックとロンダのベースが秀逸な"East"、ウェストコーストを連想させるような爽快さが魅力的な"West"、ファンキーなロンダのベースに乗せてレナートの弾むようなキーボード、そして中盤からがらりと様変わりする"South"と、4曲どれをとっても現在のバンド・メンバーとの相性の良さを感じさせる楽曲になっています。

前述のMADHOUSEの時とはまた違ったジャジー本作は、プリンス・ファンに彼の新たな一面を体験させた事に加え、ジャズ・アルバムが好きなファンにも気に入られそうな1枚だと思います。(当時大手レコード店ではジャズ部門にも陳列されていました。)

スポンサーリンク

© 2022 NPG Prince Site