スポンサーリンク

Diamonds & Pearls / ダイアモンズ&パールズ ('91)

アルバム情報

Released:1991/10/1, 1991/9/30(JP) | Label: Paisley Park, Warner Bros.

Listen on Apple Music

Track List

  1. Thunder (5:45)
  2. Daddy Pop (5:16)
  3. Diamonds And Pearls (4:43)
  4. Cream (4:12)
  5. Strollin' (3:46)
  6. Willing And Able (4:59)
  7. Gett Off (4:31)
  8. Walk Don't Walk (3:07)
  9. Jughead (4:56)
  10. Money Don't Matter 2 Night (4:46)
  11. Push (5:52)
  12. Insatiable (6:39)
  13. Live 4 Love (6:59)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Prince

Written

  • Prince
  • Prince, Tony M., Levi Seacer, Jr. (6)
  • Prince, Kirk Johnson, Tony M. (9)
  • Prince, Rosie Gaines (11)
  • Prince, Tony M. (13)

Member

  • Rosie Gaines (keyboards and vocal)
  • Levi Seacer, Jr. (bass,rhythm guitar)
  • Sonny T. (bass guitar)
  • Tommy Barbarella (keyboards, Purpleaxxe)
  • Michael B. (drums)
  • Tony M. (rap)
  • Damon Dickson (background vocals)
  • Kirk Johnson (background vocals)

Aditional Musician

  • Sheila E. (drum) (3)
  • Eric Leeds (flute) (7)
  • Clare Fischer (orchestration) (11)
  • Elisa Fiorillo (vocals) (2,8)
  • The Steels (Fred,JD,Jearlyn,Janice,Jevetta Steele) (background vocals) (6)

Sampled

  • "Rock Steady" by Aretha Franklin (2)
  • "You Got to Have a Mother for Me" by James Brown (1969) (7)
  • "Mother Popcorn" by James Brown ('69) (7)
  • "Celebrate the Good Things" by Pleasure ('78) (7)
  • "Feel Good, Party Time" by J.R. Funk and the Love Machine (80) (7)
  • "Sing a Simple Song" by Sly & the Family Stone ('68) (8)
  • "The Boomin' System" by LL Cool J ('90) (8)

アルバム・レビュー

The Revolution以降ソロ活動していたプリンスが、映画「グラフティ・ブリッジ」で組んだ架空のバンドThe New Power Generationのメンバーをベースに久しぶりのバンド活動を再開したアルバムです。

ラップのトニー・M、ダンサーのデイモン・ディクソンカーク・ジョンソンの3人は”ザ・ゲームボーイズ(The Game Boyz)”というユニットで活躍。『パープル・レイン』では客席で踊っていて、その後「Lovesexy」の"Glam Slam"でもパフォーマンスし、ついにプリンスの正式メンバーとして加入した苦労人達です。
またプリンスに”若きアレサ・フランクリンを彷彿とさせるシンガー”と絶賛されたロージー・ゲインズも’85年に「Caring」でデビューするもナカナカ芽が出なかった苦労人です。
また注目はアルバムのタイトルの擬人化的役割の"ダイアモンド"のロリ・エル(Lori Elle (Werner))と"パール"のロビア・ラモルテ(Robia LaMorte)の二人。
(ちなみに彼女達はプリンスより前に小比類巻かほるさんの"Dreamer"のMVに参加。ここで知り合ったのかな?)

プリンスが全ての楽器を担当しプリンスの多重録のヴォーカルが冴える"Thunder"、スィンギーでドゥー・ワップを連想しそうなポップ・ソングの"Strollin'"、ロージーの高揚感の声が印象的なラヴ・バラードの"Diamonds And Pearls"、シンプルなポップ・ソングで久々の全米1位を獲得した"Cream"、その歌詞があまりにも過激でラジオでプレイできないと言われた"Get Off"ではプリンスのエロティックな声とトニー・MのラップがCOOLです。(クレジットには記載されてませんが、バックで流れるフルートの音色はリスペクトしてるギル・スコット・ヘロン(Gil Scott-Heron)の"No Knock"によく似てます。)

本作は、Graffiti Bridgeで試した新しいスタイル(歌詞、サウンド、パフォーマンス)をより消化させ、これまでのどのアルバムよりもポップで親しみ易く、メンバーそれぞれが自分の役割をキッチリ認識して制作された見事なポップ・アルバムだと思います。

ただ一部の批評家からは、ラップやハウスを取り入れたプリンスに対して現在のミュージック・シーンに迎合したと言う人もいますが、時代の流れに敏感なプリンスは生音とラップの融合させ、ラップの歌詞も単なる不平ではなくもっと精神性だったりとグローバル視点を取り入れてます。
熱唱型のロージーにフソウルフルな歌唱法でラップのセリフを歌わせる等、プリンスらしいヒネりを聴かせたアプローチは流石としか言いようがないです。

このアルバムは、プリンスの”ポップ・ミュージック”というアプローチが見事に当たり、アルバム・チャートでも全米1位(200万枚)、全英3位と久々のヒット作になりました。

時代的にはコンピューターによるサウンドが成長してきた時に敢えてバンド・スタイルを選択した事に対して質問されると“Everybody else went out and got drum machines and computers, so I threw mine away. (みんなドラムマシンとコンピュータを買ってしまったから、自分のは捨てたんだ)”と回答。いかにもプリンスらしいですね。

余談ですが、以前からプリンスと組んでプロデューサーとしても活躍しているリーヴァイ・シーサー,Jr.はベーシストなのですがNPGで活動する時はギターも弾いています。

3曲を日本で録音

収録曲のうち、"Strollin'""Willing And Able""Money Don't Matter 2 Night"の3曲は’90年のヌード・ツアーで来日中に東京のワーナー・ジャパン所有のスタジオでベーシック・トラックを録音。
その後ペイズリー・パークにて追加レコーディングされ発表されました。
日本では5曲収録、"5 Woman"The Vault... Old Friends 4 Saleに収録、"Something Funky (This House Comes)"は残念ながら未発表のままです。

業界初のホログラムアートワーク

写真家のランディ・セント・ニコラスが撮影したプリンスとアルバム・タイトルを偶像化したダイアモンドとパールの3人が写った写真は、通常の印刷と別に、シャロン・マコーマックによる量産では初のホログラム仕様の2種類を採用されました。
当初はLPにも使いたかったそうですが、ワーナー側からコストが合わないという事で却下。
シャロンは後に雑誌Sports Illustratedでマイケル・ジョーダンのホログラムも作成し話題になりました。

特許を取ったPurpleaxxe

トミー・バーバレラが使用していた肩からかけられるキーボード、〈Purpleaxxe〉は1994年にプリンスが特許を取得(特許番号D349127で2008年に特許保護が終了)しました。

USD349127S - Portable, electronic keyboard musical instrument 
 - Google Patents
USD349127S - Portable, electronic keyboard musical instrument - Google Patents

patents.google.com

【1991年の受賞】

ASCAP Pop Music Awards

"Nothing Compares 2 U"、"Kiss":Best Composer

Music Video

プリンスと踊るダイアモンドとパールの2人は、小比類巻かほるの"Dreamer"にも出演(この時プリンスが目をつけたのかも)
”Money Don't Matter 2 Night”には2種類のMVがあり、5分強のショートムービーはスパイク・リー監督が制作したものです。

"Gett Off"が使われたと言われる"Jump Around"の件

"Gett Off"は色んな楽曲のサンプルとして使われている1曲で、冒頭のシャウト(声の主はプリンス or ロージー・ゲインズと言われている)代表的な曲として、ハウス・オブ・ペインが翌年リリースした"Jump Around"が取り上げられる事が多かったですが、これに意を唱えるファンも少なくありませんでした。
長らくこの件について色んな角度から言われましたが2016年にNewsweekが謎に切り込みました。

参考謎だった"Jump Around"のサンプリング問題が解決!?

続きを見る

スポンサーリンク

© 2022 NPG Prince Site