Emancipation / イマンシペイション (’96)

アルバム情報

Released:1996/11/19 | Label: NPG Records, EMI

Track List

Disc 1

  1. Jam Of The Year (6:09)
  2. Right Back Here In My Arms (4:42)
  3. Somebody’s Somebody (4:43)
  4. Get Yo Groove On (6:31)
  5. Courtin’ Time (2:46)
  6. Betcha By Golly Wow! (3:30)
  7. We Gets Up (4:17)
  8. White Mansion (4:47)
  9. Damned If Eye Do (5:20)
  10. Eye Can’t Make U Love Me (6:37)
  11. Mr. Happy (4:46)
  12. In This Bed Eye Scream (5:40)

Disc 2

  1. Sex In The Summer (5:56)
  2. One Kiss At A Time (4:40)
  3. Soul Sanctuary (4:41)
  4. Emale (3:37)
  5. Curious Child (2:57)
  6. Dreamin’ About U (3:52)
  7. Joint 2 Joint (7:51)
  8. The Holy River (6:55)
  9. Let’s Have A Baby (4:07)
  10. Saviour (5:48)
  11. The Plan (1:46)
  12. Friend, Lover, Sister, Mother/Wife (7:37)

Disc 3

  1. Slave (4:51)
  2. New World (3:42)
  3. The Human Body (5:41)
  4. Face Down (3:16)
  5. La, La, La Means Eye Love U (3:58)
  6. Style (6:40)
  7. Sleep Around (7:41)
  8. Da, Da, Da (5:15)
  9. My Computer (4:36)
  10. One Of Us (5:19)
  11. The Love We Make (4:38)
  12. Emancipation (4:12)

Personnel

Produce,Arranged,Composed

  • Prince

Written

  • Prince
  • Brenda Lee Eager, Hilliard Wilson (D1-3)
  • Thomas Randolph Bell, Linda Creed (D1-6)
  • Mike Reid, Allen Shamblin (D1-10)
  • Sandra St. Victor, T. Hammer (D2-3)
  • Thomas Randolph Bell, William Hart (D3-5)
  • Eric M. Bazilian (D3-10)

Additional Musician

  • Mayte (vocals) (D1-9, D3-10)
  • Sonny T. (bass) (D1-6, D2-10, D3-10)
  • Michael B. (drums) (D1-6, D2-10, D3-10)
  • Tommy Barbarella (keyboards) (D1-6, D2-10, D3-10)
  • Rosie Gaines (vocals) (D1-1)
  • Eric Leeds (saxophone,flute) (D1-1, 4, 7, 10, D2-1, 4, 6, D3-6)
  • Rhonda Smith (bass,vocals) (D1-4, 7, 10, D2-1 ,6)
  • Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (vocals,keyboards) (D1-4, 6, D2-10, D3-10)
  • Kirk Johnson (drums)
  • Ricky Peterson (piano,keyboards) (D2-1, 10)
  • Michael B. Nelson (trombone) (D1-5, 9, D2-10, D3-7)
  • Steve Strand (trumpet) (D1-5, 9, D2-10, D3-7)
  • Dave Jensen (trumpet) (D1-5,9,D2-10,D3-7)
  • Kathy Jensen (saxophone) (D1-5, 9, D2-10, D3-7)
  • Brian Gallagher (saxophone) (D1-5, 9, D2-10 ,D3-7)
  • Walter Chancellor Jr. (saxophone) (D1-1,D3-6)
  • Ninety-9 (vocal) (D1-2,D2-7,D3-4)
  • Kathleen Dyson [Kat Dyson] (guitar, vocals) (D1-4, D2-1, 4, 6, D3-11)
  • Brian Lynch (horns) (D1-7, D2-4, D3-6)
  • Janice Garcia (bold girl) (D1-8)
  • Tom Burrell (keyboards) (D1-10)
  • Scrap D. (rap) (D1-11, D3-6,8)
  • Savion Glover (tap) (D2-7)
  • Michael Mac (scratches) (D2-7, D3-6)
  • Hans-Martin Buff (driver) (D2-7)
  • Kathleen Bradford (vocals) (D2-12)
  • Rhonda Johnson (vocals) (D2-12)
  • Steve Parke (jeep horn) (D3-4)
  • Mike Scott (guitar) (D3-5)
  • Smooth G. (shouts) (D3-6)
  • Chanté Moore (vocals) (D3-5)
  • Kate Bush (vocals) (D3-9)

Cover

  • Betcha by Golly, Wow by The Stylistics (1971) (1-6)
  • I Can’t Make You Love Me by Bonnie Raitt (1991) (1-10)
  • La-La Means I Love You by The Delfonics (1968) (3-5)
  • One Of Us by Joan Osborne (1995) (3-10)

アルバム・レビュー

前作の「Chaos & Disorder」と’99年にリリースされる「The Vault… Old Friends 4 Sale」を置いてきた事によりワーナーから解放されたPrinceがEMI-キャピトルとアルバムの製造及び配給で合意して「解放の日」とされる’96年11月19日にリリースされた記念すべきアルバムです。

Prince自身この”解放”をどれだけ待ったかは、タイトルを”イマンシペイション”(奴隷状態の解放)と、ワーナーという鎖を切って拳を上げバックからは明るい光が差し込んでるアルバムジャケットからも簡単に想像できます。
また前作リリースからまだ4ヶ月も経っていないという通常では想像できないスピード、しかも36曲3枚組というハンパではない量の楽曲からも、今作の話題性で前作を売れない様にしようとするPrinceの作戦が伺えます。
発表に伴い緊急来日し“このアルバムを作るために生まれてきた。”と発言したPrinceは、これまで見た事が無い程プロモーション活動、インタビュー、メディアへの露出を行い、その理由を”妻マイテからの助言”としていましたが本当に嬉しかったのでしょう。
(その裏でお子さんとの別れがあった事が報道され悲しんだ事を今でも思い出します。)

各CD12曲60分の3枚180分と完璧に計算されたこのアルバムでは、前述でも触れた様にワーナー契約解除前後に収録されたものが多く、“SLAVE”等も解除前に書かれた1曲でしょう。
このアルバムで特徴的なのは、スタイリスティックスの“Betcha By Golly Wow!”(’72)、ボニー・レイットの“I Can’t Make U Love Me”(’91)、デルフォニックスの“La,La,La(Means I Love U)”(’68)、そしてジョーン・オズボーンの“One Of Us”(’95)と、プリンスのアルバムにカヴァー・ソングが4曲も収録されている事。
これまでライブ等でJBやプレスリーのカヴァー等を披露した事はありますが自分のアルバムに収録する等はとても考えられませんでした。それもファースト・シングルを“Betcha By Golly Wow!”にするとは正直ビックリしました。正に”解放”が成せる技でしょうかね。

全体的にはブックレットの最後に記載されている“LOVE, SEX, LIBERTY”をキーワードにし、1枚目にはスタイリスティックスのカヴァーで綺麗な楽曲の“Betcha By Golly Wow!”や、ジャジーな感じがする“Jam of The Year”、歌詞にディアンジェロの事に触れているグルーヴ感が良い“Get Yo Groove On”、元レボリューションのウェンディ&リサと元ザ・ファミリーのスザンナに捧げた“In This Bed Scream”等全体的にポップな感じに仕上げています。

2枚目では生まれてくる子供の超音波心音をフューチャーし妻マイテとの出会いをセクシーに表現した“Sex In The Summer”やマイテとの結婚についてを綴った“The Holy River”、’96年2月14日に2人の結婚式で使われた“The Plan”“Friend, Lover, Sister, Mother / Wife”等、今は婚姻という形式を”解放”してしまったが事実上”妻”であるマイテとの事を歌った歌詞が多く見られるバラード中心のディスクです。

3枚目では、テクノっぽいサウンドで”解放”後の世界を歌った“New World”や同じくテクノっぽい“The Human Body”、ヒップ・ホップ系で自身が持つスタイルの事を歌った“Style”、ハードコア・ファンクで歌ったタイトル・ソングの“Emancipation”等上記の2枚よりも実験的なサウンドやオルタナティブ系のサウンドが光る1枚です。

3枚それぞれ趣向を凝らし聴くものを飽きさせないそのバラエティの豊富なこのアルバムは、Prince自身が本当に作りたかった1枚と言えます。

 

Prince Album'90s, EMI, Studio Album

Posted by KID