Ingrid Chavez / イングリッド・シャヴェイズ

本名:イングリッド・ジュリア・シャヴェイズ(Ingrid Julia Chavez)、1965年ニューメキシコ州アルバカーキ生まれ。
’86年にミネアポリスに引っ越し、バイトしながらオーディションを受けていた頃プリンスと出会い、Lovesexyのレコーディングに参加、” No”の冒頭・・・

Rain is wet, and sugar is sweet
Clap your hands, and stomp your feet
Everybody, everybody knows
When love calls, you got to go…

と語るのは彼女です。

この声に魅せられたプリンスは、キム・ベイシンガーが抜けた代わりに彼女を映画『グラフィティ・ブリッジ』のヒロインに抜擢、その後May 19 1992でアルバム・デビューも果たしました。

この頃、レニー・クラヴィッツと交際(お互い友人と発言)していてレニーとマドンナの“Justify My Love”を共作するもクレジットされなくて裁判沙汰になったり、「ハートビート」で共演した坂本龍一経由でディヴィッド・シルヴィアンと結婚(’05年に離婚)とナカナカの波乱万丈な人生を経験しています。