For You / フォー・ユー (’78)

アルバム情報

Released:1978/4/7 | Label: Warner Bros.

Track List

  1. For You (1:06)
  2. In Love (3:38)
  3. Soft And Wet (3:01)
  4. Crazy You (2:17)
  5. Just As Long As We’re Together (6:24)
  6. Baby (3:09)
  7. My Love Is Forever (4:09)
  8. So Blue (4:26)
  9. I’m Yours (5:01)

Personnel

Executive Porducer

  • Tommy Vicari

Produce,Arranged,Composed

  • Prince

アルバム・レビュー

当時20歳のプリンスが1978年に発表した記念すべきデビュー・アルバムです。
このアルバムがリリースされた当時は全米ではかなり評判にはなりましたが、日本では、2ndの「愛のペガサス」がデビュー・アルバムとして紹介され、本作はPurple Rain人気に後押しされる形で’84年にリリースされるも流れを逆行した感もあり、あまり評価が高くありませんでした。

このアルバムの特筆すべき点は、クレジットを見れば判りますが、エグゼクティブ・プロデューサーにトミー・ヴィカーリが記載されていますが、それはあくまでワーナー側に対する安心感を持たせるという口実で、実際にはプリンスがプロデュースからアレンジ、総ての楽器の演奏からバック・ヴォーカルの全てを一人で行っている事です。もう1点は、このアルバムの原型が15歳の時点で既に完成させていたという事です。
ワーナーもその才能に惹かれ、当時17歳の彼のセルフ・プロデュース作に100万ドル以上とも言われる契約をしたものです。

後に起こる偉大な偉業を予感させるプリンスの柔らかなファルセットが幾重にも折り重なるタイトル・トラックは開幕に相応しい1曲です。
当時のディスコ・サウンドを上手く取り入れたファルセットと唸る小節が印象的な“In Love”、同年7月にシングル・カットされた“Soft And Wet”はビルボードのR&Bチャート12位になった記念すべきデビュー曲は後にMCハマーがカヴァーした事でも知られる有名になりました。
この他、キラキラしたサウンドとアコギの弾き語りが美しい“Crazy You”の後はファンキーでスピード感溢れる2ndシングルの“Just As Long As We’re Together”、後のプリンスの名曲の原型とも言えるドラマティックなサウンドの流れとエロかっこいいファルセット・ヴォイスが堪能出来る“Baby”、再びディスコ・サウンドを踏襲した明るいメロディのダンス・ナンバーの“My Love Is Forever”、最後は”ギタリスト”としての才能を発揮するロックなサウンドがかっこいい“I’m Yours”・・・荒削りですがその才能ぶりが発揮されているダンス・アルバムです。

これが日本でデビュー盤として紹介されてたらまた違う事になってたのかな…と色々想像させられる1枚です。

 

2018-04-21Prince Album'70s, Studio Album, Warner