Black Album / ブラック・アルバム (’94)

アルバム情報

Released:1994/11/22 | Label: Warner Bros.

Track List

  1. Le Grind (6:44)
  2. Cindy C. (6:14)
  3. Dead On It (4:37)
  4. When 2 R In Love (3:58)
  5. Bob George (5:36)
  6. Superfunkycalifragisexy (5:55)
  7. 2 Nigs United 4 West Compton (7:00)
  8. Rockhard In A Funky Place (4:30)

Personnel

Produce,Arranged,Composed

  • Prince

Written

  • Prince
  • Prince, Eric Leeds (8)

Additional Musician

  • Sheila E. (background vocals) (1) (drum) (7)
  • Eric Leeds (saxophone) (1,2,8)
  • Atlanta Bliss (trumpet) (1,2,8)
  • Boni Boyer (background vocals) (1)
  • Cat (background vocals) (1,2,7)
  • Susannah Melvoin (background vocals) (8)

Sampled

  • Music Is the Key (House Key) by J.M. Silk (’85) (2)

アルバム・レビュー

曰く付きのアルバム

本来はSign O’ The Timesの次のアルバムとして’87年12月にリリースされるはずだった本作はリリース1週間前で取り止め。
一部に製品盤が流出、またその音源から複製が生産された事で当時最も有名な海賊盤(ブートレグ)となりました。
「Black Album」の代わりに発表されたのがLovesexyという事になります。
この騒動の原因は諸説色々あります。プリンスの意思とは関係なくリリースのタイミングをワーナー側が図った説、内容に納得できなかった殿下のワガママ….。
一般的には後者の説が有力な見方が多いです。以前何かの記事で読んだ殿下のインタビューで「あの作曲活動をしていた頃、怒りの感情が強かった。」と述べていたのを記憶しています。つまりこのアルバムをリリースしてしまうと自分の負のイメージが出てしまうのを恐れ”封印”したかった為の処置と考えられます。

7年の沈黙の後に期間限定でリリース

“Alphabet St.”のMVで“Don’t Buy The Black Album, I’m Sorry”とメッセージを入れた程リリースを嫌がったアルバムでしたが、7年後の’94年12月に限定盤としてワーナーから正式にリリースされました。
最大の理由はワーナーとの契約を完遂し離脱する為になりふり構わずリリースを許可したという事です。

「Lovesexy」に唯一収録された“When 2 R In Love”はともかく、メロディ・ラインが殆どなく極限まで削ぎ落としジャム・ソングの“Le Grind”、シンディ・クロフォードの事を歌ったと思われる“Cindy C.”では捻りのないストレートなファンク・ナンバー、当時流行り始めたラップを取り入れた“Dead On It”など、スタジオにに籠もって一人黙々と作ったサウンド。
歌詞も前述の殿下のコメント通り、“Bob George”“Dead On It”にしてもに、いつもならプリンス流の風刺を利かせたセリフがなく、直球を投げた印象を受けます。

かといってこれが駄作であるかと言えば密室感といい当時プリンスが持っていたエネルギーが溢れたアルバムだと思います。
もしこれがリリースされ「Lovesexy」が未発表だったらと思うと当時の状況は違った形になったかもしれませんね。
そういう”if”を話すのにも面白いアルバムです。

 

2018-04-28Prince Album'80s, '90s, Studio Album, Warner

Posted by KID