The Truth / ザ・トゥルース (’98)

アルバム情報

Released:1998/1/29 (inc.Crystal Ball) / 2015/12/3 (TIDAL)

Track List

    1. The Truth (3:35)
    2. Don’t Play Me (2:48)
    3. Circle Of Amour (4:44)
  1. 3rd Eye (4:54)
  2. Dionne (3:14)
  3. Man In A Uniform (3:08)
  4. Animal Kingdom (4:01)
  5. The Other Side Of The Pillow (3:22)
  6. Fascination (4:55)
  7. One Of Your Tears (3:27)
  8. Comeback (2:00)
  9. Welcome 2 The Dawn (Acoustic Version) (3:18)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Prince

Written

  • Prince

Additional Musician

  • Rhonda Smith (bass, vocals, percussion) (4,7,10,9)
  • Kirk Johnson (percussion, vocals) (3,9,10)
  • Kat Dyson (percussion, vocals) (9)
  • Mike Scott (guitar) (9)

アルバム・レビュー

“The Truth”(真実)とタイトルがついている本作はCrystal Ballの4枚目として同梱として付けられたアルバムです。
NPGのカーク、カット、マイク、そして後にNPGの名ベーシストとなるロンダ・スミス等が脇を固めていますが、基本的には全編アコースティック・ギターをベースにしたアンプラグド・アルバムの様な作り。

アコギをかき鳴らしながらシャウト気味に歌うタイトル・トラックの“The Truth”“Don’t Play Me”、穏やかな空気が流れてくる様な“Circle Of Amour”、ブルース・ロック調の“3rd Eye”、キャッチーなメロディで心が和む“Dionne”・・・ラストの“Welcome 2 The Dawn”を聴き終わる頃には清々しい気持ちになります。

’15年~”Piano & Microphoneツアー”と題しピアノの弾き語りライブが行われてましたが、もしギター一本のライブを行ったら本作の様な内容になったんじゃないかな・・・と想像してしまう程素晴らしいアルバム。これがオマケなんてほんと勿体無いです。

アートワークの変更

元々4枚目のボーナス・ディスクだった為アートワークが無かったので、当時のファンはプロモーション・テープで使用されたスティーヴ・パーク氏によるアートワークを利用していました。
(カセットの流用だったので右半分のタイトル部分をファンが追加したりと様々でした)

その後、2015年にTIDALでデジタル版がリリースされる際にCDサイズに調整されました。

 

 

2018年にSONY経由からリリースされる際も同じ白黒バージョンになるかと思っていたのですが実際にはアートワークが変わりました。
担当していたスティーヴ・パーク氏によれば保存していたハードディスクがクラッシュしてしまい、再度作り直したそうです。

プリンスがOKを出してたアートワークから変わってしまったのは残念ですが、プリンスの顔がよりハッキリしてるこちらも良いですね。
・・・・でもよく考えると原本は製作者のステーヴが所持してたとして、コピーをPaisley Parkが持ってない(もしくは紛失)って事?
どちらにしても管理どうなってるんだろう😅

 

2018-04-28'90s, NPG Records

Posted by KID