OneGunn / ワンガン

 
ワンガンことマーヴィン・ガン(Marvin Gunn)は、ミルウォーキー出身で80年代始めにミネアポリスに引越してきます。
そこでブラウンマークが全面プロデュース、プリンスも1曲参加したマザラティのヴォーカル兼キーボーディストとして参加、当時の名前はマー・スター(Marr Starr)。

解散後は、プリンスも参加したサントラBright Lights, Big Cityでオリバー・リーバーのユニット、The Noise Clubのメンバーとして“Obsessed”を提供他、ギターのトニー・クリスチャン(Tony Christian)と組んだThe Wild Pair名義でポーラ・アブドゥルの名曲”Opposites Attract”に参加、90年代もポーラ以外にジャズミン・ガイやアレキサンダー・オニール等のアルバムに参加しキャリアを重ねていきます。
その後、マーヴィン・ゲイのトリビュート等の活動をしながらソロ、マザラティのリユニオンなど多方面に活躍しています。