Lisa Coleman / リサ・コールマン

カリフォルニア州ロサンゼルス出身(1960年8月17日生まれ)、’80年に当時マネージャだったスティーブ・ファーグノリの紹介でバック・ボーカリストとして参加するもキーボーディスト担当だったゲイル・チャップマンが脱退したのでキーボーディストに抜擢されます。
リサは12歳の頃からキーボード奏者としてバンドを結成、ちなみに父ゲイルはチェット・ベイカーやエタ・ジェイムズ等数多くのレコーディングに参加したパーカッショニスト、母メリールウは芸術家、姉弟もそれぞれミュージシャンとアーティスト一家です(弟のデヴィッドもプリンスのアルバムに参加)。

レヴォリューションとして活躍するもParade後に解散、その後パートナーのウェンディとウェンディ&リサとして活動、ユニットとして活躍する一方TVドラマのテーマ曲やスコアも担当する様になります。
ウェンディとの関係は良好ですが、リサは’04年にマネージャーを務めるレナータ(Renata Kanclerz)と結婚、子供を授かります。
(リサのfacebookはLisa Kanclerz Colemanと記載)