Elisa Fiorillo / エリサ・フィオリオ

’87年にリリースされたジェリービーンのアルバム「Just Visiting This Planet (禁断のプラネット)」に収録された“Who Found Who”で華々しいデビューを果たし、同年デビュー・アルバム「Elisa」をリリースしました。

その約3年後、プリンスのサントラ「Graffiti Bridge」収録の“Love Machine”で客演した事をキッカケにアイドル路線から方向転換、プリンスがプロデュースで参加した「I Am」をリリースします。

● ’09年からNPGに参加
Diamonds And Pearls」の客演後、プリンスの元を離れた後はラ・トーヤ・ジャクソンのレコーディングに参加したりサヴェージ・ガーデンのツアーに同行、自身もミニ・アルバムをリリースする等プリンスとは疎遠になるかと思いきや、’09年NPGを脱退したマーヴァ・キング(Marva King)の代わりにリヴ・ウォーフィールドと共にNPGのメンバーとして加入しました。
NPGに参加した時は結婚していたので名前がFiorilloではなくDeaseに変わっています。