Sign O’ The Times / サイン・オブ・ザ・タイムズ (’87)

アルバム情報

Released:1987/3/30 | Label: Paisley Park, Warner Bros.

Track List

Disc 1

  1. Sign O’ The Times (4:56)
  2. Play In The Sunshine (5:05)
  3. Housequake (4:41)
  4. The Ballad Of Dorothy Parker (4:02)
  5. It (5:10)
  6. Starfish And Coffee (2:50)
  7. Slow Love (4:22)
  8. Hot Thing (5:39)
  9. Forever In My Life (3:30)

Disc 2

  1. U Got The Look (3:47)
  2. If I Was Your Girlfriend (5:01)
  3. Strange Relationship (4:01)
  4. I Could Never Take The Place Of Your Man (6:28)
  5. The Cross (4:46)
  6. It’s Gonna Be A Beautiful Night (9:01)
  7. Adore (6:29)

Personnel

Produce,Arranged,Composed

  • Prince

Written

  • Prince
  • Prince & Susannah Melvoin (D1-6)
  • Prince & Carole Davis (D1-7)
  • Prince & Dr.Fink & E.Leeds (D2-5)

Additional Musician

  • Wendy Melvoin (guitar & backing vocals) (D1-7) (tamborine & congas) (D2-3,6)
  • Lisa Coleman (backing vocals) (D1-7,D2-6) (flute) (D2-3) (keyboards) (D2-6)
  • Bobby Z. (drum) (D2-6)
  • Brown Mark (bass) (D2-6)
  • Dr. Fink (keyboards) (D2-6)
  • Sheila E. (drums & percussion) (D2-1,6)
  • Sheena Easton (vocals) (D2-1)
  • Susannah Melvoin (background vocals) (D1-2,4,D2-6)
  • Eric Leeds (saxophone) (D1-3,7,8,D2-6,7)
  • Atlanta Bliss (trumpet) (D1-3,7,D2-6,7)
  • Miko Weaver (guitar) (D2-6)
  • Jill Jones (vocals) (D2-6)
  • Greg Brooks (backing vocals) (D2-6)
  • Wally Safford (backing vocals) (D2-6)
  • Jerome Benton (backing vocals) (D2-6)
  • Gilbert Davison (voice) (D1-3)
  • Coke Johnson (voice) (D1-3)
  • Todd H. (voice) (D1-3)
  • Susan Rogers (voice) (D1-3)
  • Mike S. (voice) (D1-3)
  • Brad M. (voice) (D1-3)
  • The Penguin (voice) (D1-3)

Sampled

  • Help Me by Joni Mitchell (’74) (D1-4)
  • Big Apple Rappin by Spyder-D (’80) (D2-2)
  • Yellowstone Park (Rocky Mountains) by Tangerine Dream (’85) (D2-2)
  • Wedding March, Recessional by Jac Holzman (’64) (D2-2)
  • March of the Winkies by The Wizard of Oz (’39) (D2-6)

アルバム・レビュー

The Ravolutionの解散

映画アンダー・ザ・チェリー・ムーンの商業的な失敗と前作のParadeの販売不振(といいながらビルボードのアルバムランキング3位でプラチナ・アルバム)の後、ザ・レボリューションを解散させ一人でスタジオに籠ってしまいます。

Sign O’ The Times制作までの道のり

Paradeから本作までの間に、シーラ・Eジル・ジョーンズマッド・ハウスのといったファミリー関連のアルバム、そしてデボラ・アレンノナ・ヘンドリックといった外部アーティストに楽曲を提供。

自らの新作は『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』の公開前にほぼ完成していた2枚組の「Dream Factory」を破棄。
一度は3枚組の「Crystal Ball」(後年発売されたのとは別物)を作るも、”カミール”というプリンスの声を変調し女性っぽくした別名義用として「Camille」を制作、しかしこれも捨て再び「Crystal Ball」に戻る・・・と作ってはお蔵入りを繰り返し、最終的に全ての中から厳選された2枚組16曲にまとめた本作が完成しました。

レビュー

名義こそプリンス単独ですが、前述の通り試行錯誤の際にレコーディングした楽曲もあるのでザ・レヴォリューションのメンバーも参加しています。
1stシングルの“Sign ‘O’ The Times”で見せるビートの強いR&B調のサウンドに乗せた精神的な歌詞(当時としては珍しいリリック・ビデオも話題になりました)、前曲から一変するロック・ナンバーの“Play In The Sunshine”で弾けたと思えば、今度はカミールのラップによるファンキーなナンバーの“Housequake”….前半からこれでもかという位変幻自在のサウンドの渦が押し寄せてきます!
他にもプリンスが敬愛するジョニ・ミッチェルの“Court and Spark”の一節を引用した“The Ballad Of Dorothy Parker”、スザンナ・メルヴォワンと共作した一風変わった子シンシアを理解し励ました名曲“Starfish And Coffee”、プリンスにしては珍しくファミリーでは無いキャロル・デイヴィスとの共作で彼女のデビュー作「Heart Of Gold」にも収録されたメロウな“Slow Love”、エッジのあるサウンドとエリック&アトランタ2人のホーンの組み合わせが秀逸なファンク・ナンバーの“Hot Thing”等が収録されています。

2枚目には当時お気に入りだったシーナ・イーストンとカミールとのデュエット・ナンバー“U Gut The Look”を筆頭に、シンプルなビートとカミールっぽい感じのファルセットで歌った2ndシングルの“If I Was Your Girlfriend”「Camille」に収録予定だった1曲で複雑な恋愛感情を歌った“Strange Relationship”、対照的にキャッチーなサウンドと軽い恋愛を歌ったロック・ナンバーの“I Could Never Take The Place Of Your Man”、またまた一転してプリンスがよく取り上げる神に対する歌で悲哀のあるギター・ナンバーが印象的な”The Cross”、Dr.フィンク&エリック・リーズとの共作による9分を越えるファンキーな“It’s Gonna Be A Beautiful Night”を挟みラストはソウル・バラードの“Adore”どれをとってもクオリティの高い作品が凝縮された内容になっています。
売上は2枚組だったのが影響しParadeを下回る結果になりますが、私を含めファンの間では未だに”最高傑作”と呼び声の高いアルバムです。

同名映画について

このアルバムと同時期に、同タイトルの映画(というよりほとんどコンサートビデオの様な)が発売されています。まだご覧になった事のない方には是非オススメしたいライブです。