One Nite Alone… The Aftershow: It Ain’t Over! / ザ・アフターショウ:イット・エイント・オーバー!(’02)

アルバム情報

Released:2002/12/17 | Label: NPG Records

Track List

  1. Joy In Repetition (10:55)
  2. We Do This (4:41)
  3. Medley: Just Friends (Sunny) / If You Want Me To Stay (4:26)
  4. 2 Nigs United 4 West Compton (6:14)
  5. Alphabet Street (2:54)
  6. Peach (Xtended Jam) (11:18)
  7. Dorothy Parker (6:16)
  8. Girls & Boys (6:59)
  9. The Everlasting Now (Vamp) (1:49)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Prince

Written

  • Prince
  • George Clinton (2)
  • Ivan “Orthodox” Barias, Davis, Carvin “Ransum” Haggins, Hebb and T. Johnson (Just Friends (Sunny) (3)
  • Sylvester Stewart (If You Want Me To Stay) (3)

Musician

  • John Blackwell (drums)
  • Rhonda Smith (bass)
  • Renato Neto (keyboards)
  • Maceo Parker (saxophone)
  • Candy Dulfer (saxophone)
  • Najee (saxophone)
  • Greg Boyer (trombone)
  • Larry Graham (bass) (1)
  • George Clinton (vocals) (2)
  • Musiq Soulchild (vocals) (3)

アルバム・レビュー

本来はOne Nite Alone…Live!の3枚目として同梱されいたアルバムですが、’05年の”Musicology download Store”等デジタル配信される際に別扱いでリリースされたライブ・アルバムです。

プリンスはライブ後に”アフター・ショウ”と題して小さいクラブ等で演奏している事はファンの間で有名で、これまで’95年にLive! The Sacrifice Of Victorがビデオで販売された事はありましたが、アルバムとしては本作が初となります。

計算された本ライブに対し、アフター・パーティはラフな印象を受けます。
ノイジーな感じのギターがオリジナルとはまた違ったGrooveを醸し出してる“Joy In Repetition”を筆頭に、メイシオのサックスとジョージ・クリントンのファンキー加減が絶妙な“We Do This”、続くゲストのMusiq(ミュージック・ソウルチャイルド)による“Just Friends (Sunny)/If You Want Me To Stay”のメドレーの好対照さは面白いです。
この他にも「Black Album」からセレクトされた“2 Nigs United 4 West Compton”から“Alphabet Street”“Peach”と歌よりも演奏に重きを置いた構成になっています。この辺の流れは以前放送されたLive! The Sacrifice Of Victorに感じが似ています。

収録場所はそれぞれ別もの

One Nite Alone…Live!同様、こちらも4箇所で行った演奏を良い感じに纏められてます。
収録音源は以下の通りです。(全て2002年収録)

  • 04/10 ニューヨーク “The World” (1-3)
  • 04/20 ハリウッド “The Highlands Hollywood” (4, 5, 8, 9)
  • 04/21 ハリウッド “The Highlands Hollywood” (7)
  • 05/01 ハリウッド  “The Highlands Hollywood” (6)

CDは3枚組

冒頭で書いた通り、CDではOne Nite Alone…Live!と本作を含めた3枚組+ブックレット付きで販売されています。