Kamasutra / カーマスートラ (’98)

アルバム情報

Released:1997/2/14 (cassette) 1998/1/29 (inc. Crystal Ball) | Label: NPG Records

Track List

  1. The Plan (2:03)
  2. Kamasutra (11:49)
  3. At Last… “The Lost Is Found” (3:37)
  4. The Ever Changing Light (2:59)
  5. Cutz (3:03)
  6. Serotonin (0:47)
  7. Promise/Broken (3:46)
  8. Barcelona (2:16)
  9. Kamasutra/Overture #8 (3:11)
  10. Coincidence Or Fate? (3:24)
  11. Kamasutra/Eternal Embrace (4:02)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Prince

Written

  • Prince

Additional Musician

  • Eric Leeds (saxophone, flute) (2,7,9)
  • Michael B. Nelson (trombone) (2,9)
  • Kathy J. (saxophone) (2,9)
  • Dave Jensen (trumpet) (2,9)
  • Brian Gallagher (tenor) (2,9)
  • Steve Strand (trumpet) (2,9)
  • Clare Fischer (orchestral arrangements) (2-11)
  • Brent Fischer (Transcription)

アルバム・レビュー

プリンスとエリック・リーズ&ホーン隊(NPG Hornz)に加えクレア・フィッシャー率いるオーケストラ・チームによるインストゥルメンタル・アルバムで、最初は’97年2月14日(バレンタイン・デー)にプリンスの公式サイト(1-800-NEW-FUNK)でリリースされました。
翌年1月Crystal Ballが発売される際5枚組として同梱(但し一般流通盤には未収録)されました。

恋人マイテ・ガルシアのバレエ用の組曲として’94年頃から制作開始され、’96年2月14日に行われた結婚式で使用されたと言われるもので、クレジットはThe NPG Orchestraによるクラシック調のインストゥルメンタル作品に仕上がっています。

当初この作品は11分の「Kamasutra」と「Overture1-10」で構成されていましたが、製品になった時点で曲順が大幅に変更されました。

8音で構成された旋律を約12分の中で様々に変化させ組曲の様な“Kamasutra”を筆頭に、シリアスなムード音楽風アンビエントになっています。正にハサミで切る音をベースにした“Cutz”など実験的なウンドや、“Venus Du Milo”あたりに感じられる映画スコアの様な叙情的な所もあり、単なるインスト曲ではないのがプリンスらしいです。
ものがものだけにいまひとつ話題にならないようですが、やはりプリンスならではの色気を感じる作品です。

Kamasutra Official Page

本作がリリースされた頃、公式ページには専用サイトが作成(といってもトラック・リストを紹介する1画面だけですが…)。
現在princeonlinemuseum.comで当時のページをそのまま再現されています。

もう1つのKamasutra

結婚式で使われたと言われる曲順は本作と異なり↓の様と言われています。

  • Kamasutra
  • Overture 1 : The Ever Changing Light
  • Overture 2 : The Plan
  • Overture 3 : At Last… “The Lost Is Found”
  • Overture 4 : Cutz
  • Overture 5 : Kamasutra/Eternal Embrace (part 1)
  • Overture 6 : aka. Kamasutra/Overture #8
  • Overture 7a : Serotonin
  • Overture 7b : Promise/Broken
  • Overture 7c : Barcelona
  • Overture 8 : Coincidence Or Fate? (part 2)
  • Overture 9 : Coincidence Or Fate? (part 1)
  • Overture 10 : Kamasutra/Eternal Embrace (part 2)

”Kamasutra/Eternal Embrace”の様に1曲になっている分は難しいですが、公式の曲を上記の様に並び替えるとこちらが自然な感じに聴くことが出来ます。

Billboards

プリンスがバレエに興味を持ったのは’91年ジョフリー・バレエの公演に招待されてから。虜になったプリンスは、ジョフリー・バレエのために”Thunder”をアレンジした”Thunder Ballet”を提供。
’93年、ジョフリー・バレエは4人の振付師による4部構成作「Billboards」を制作し後にビデオでも販売されました。

演目

I: Sometimes It Snows in April (choreographed : Laura Dean)
Sometimes It Snows in April
Trust / Baby I’m a Star

II: Thunder (choreographed : Charles Moulton)
Thunder
Purple Rain

III: Slide (choreographed : Margo Sappington)
Computer Blue
I Wanna Melt with U
The Beautiful Ones
Release It (The Time) / Computer Blue (Reprise)

IV: Willing & Able (choreographed : Peter Pucci)
For You
The Question of U
It
Willing and Able / Gett Off

BILLBOARDS – Joffrey Ballet Music by Prince from Jennifer Bell-Grey on Vimeo.