Kool Skool / Kool Skool (’90)

クール・スクール / クール・スクール

アルバム情報

Released:1990/5/25 | Label: Capitol Records

Track List

  1. Waste My Time (3:43)
  2. My Girl (5:27)
  3. Never Thought I’d Miss You (4:55)
  4. Take Me (4:21)
  5. You Can’t Buy My Love (4:55)
  6. Mercy Me (4:10)
  7. My Bed (4:44)
  8. Now That She’s Gone (4:21)
  9. Do You Really Want Me? (4:07)
  10. Get To You (4:14)
  11. Make Up Your Mind (4:24)

Personnel

Executive Producer

  • Scott Folks

Produce, Arranged

  • Jesse Johnson, Keith Lewis

Written

  • Jesse Johnson, Keith Lewis (1-3)
  • Jesse Johnson, Craig Holliman (3)
  • Jesse Johnson, Keith Lewis, Bryan
  • Tate, Freels (11)

Member

  • Dion Crai (Lead Vocals)
  • Dee Dee James (Guitar)
  • Edgar Hinton (Bass)
  • Gabriel Acevedo (Drums)
  • Bryan Tate (Keyboards)

Additional Musician

  • Craig Holliman (backing vocals) (3)
  • Jesse Johnson

アルバム・レビュー

dá KRASHの"商業的"失敗(内容は良かった!)が影響したのかヴォーカルのロバート・ジョーダンとギターのゲイリー・ジェームスが脱退。
代わりにディオン・クレイグディー・ディー・ジェイムスが加入しバンド名もKOOL SKOOLに改名し再デビューに挑戦します。

前回の反省を活かし、プロデュースはジェシー・ジョンソン単独からジェシーのアルバムでキーボードやバック・ボーカルを担当しているキース・ルイスに二人体制に変更、また改名に合わせてビジュアルも当時流行ったヒップ・ホップ系のアーティストに様変わり、この辺の時流を察知するのはジェシーも見事です。

当時流行だったニュー・ジャック・スウィングにサウンドを変更した“Waste My Time"は時流に乗りつつもジェシーらしい軽快なサウンドで気持ちいい1曲です。
この他、ダンス・チューンの“My Girl"“You Can’t Buy My Love"、唯一のバラード・ナンバー“Now That She’s Gone"等、当時活躍していたジャム&ルイスに引けを取らない名曲揃いです。

完成度の高いアルバムだったにも関わらずバンドとしてのパワーが足りなかったのか1枚のみのリリースになってしまいました。

Music Video

2018-05-24