Martika / マルティカ

 
本名:マルタ・マレーロ(Marta Marrero)1969年5月18日カリフォルニア州ウィッティアー生まれ。両親はキューバから渡米。
’82年の映画『アニー』の子役の一人として出演、ファーギーやラサーン・パターソン、ジェニファー・ラブ・ヒューイット等を排出した子供番組『キッズ・インコーポレイティッド(Kids Incorporated)』の初期メンバーとしても活躍、18歳の時にコロンビア・レコードと契約。
デビューはアメリカではなく日本のソニーのNEW-HF-XのCMソング”We Are Music“で、翌年デビュー・アルバム「MARTIKA(誘惑のマルティカ)」をリリースします。

当時ティファニーやデビー・ギブソン等、アイドル旋風が巻き起こっている中、マルティカもキャッチーな”More Than You Know(ときめきヴァージン・ラヴ)”でデビューするものの、話題を読んだのはドラッグで苦しみながら戦ってる友達のことを書いた2ndシングルの“Toy Soldiers”で”アイドルと一線を画した”と言われるようになります。
2ndアルバム「Martika’s Kitchen」の後、暫く休養し2004年から”Oppera”というグループを組んで活動再開しました。