Graffiti Bridge / グラフィティ・ブリッジ (’90)

アルバム情報

Released:1990/8/20 | Label: Paisley Park, Warner Bros.

Track List

  1. Can’t Stop This Feeling I Got (4:24)
  2. New Power Generation (3:39)
  3. Release It – The Time (3:54)
  4. The Question Of U (4:00)
  5. Elephants & Flowers (3:54)
  6. Round And Round – Tevin Campbell (3:55)
  7. We Can Funk – George Clinton and Prince (5:28)
  8. Joy In Repetition (4:53)
  9. Love Machine – The Time (3:34)
  10. Tick, Tick, Bang (3:30)
  11. Shake! – The Time (4:01)
  12. Thieves In The Temple (3:20)
  13. The Latest Fashion – The Time with Prince (4:02)
  14. Melody Cool – Mavis Staples (3:39)
  15. Still Would Stand All Time (5:23)
  16. Graffiti Bridge – Mavis Staples and Tevin Campbell (3:51)
  17. New Power Generation (Pt. II) – Mavis Staples , Tevin Campbell , T.C.Ellis and Robin Power (2:57)

Personnel

Produce,Arranged,Composed

  • Prince

Written

  • Prince
  • Prince and Levi Seacer, Jr. (3)
  • Prince, Levi Seacer, Jr. and Morris Day (9)

Production

  • Levi Seacer, Jr. (co-producer and co-arranger) (3,9)
  • Clare Fischer (orchestra arrangement) (16)
  • Junior Vasquez (remix) (6)
  • David Z. (mix) (7)
  • Keith Cohen (mix) (14)

Additional Musician

  • New Power Generation (background chant) (2)
  • Rosie Gaines (background vocals) (2)
  • Levi Seacer, Jr. (bass and backing vocals) (2)
  • Sheila E. (drums and background) (2)
  • Boni Boyer (organ and background) (2)
  • Eric Leeds (saxophone) (7)
  • Atlanta Bliss (trumpet) (7)
  • Morris Day (drums) (2) (vocals) (3,9,11,13)
  • Jerome Benton (background vocals) (3,9,13)
  • Candy Dulfer (saxophone) (3,9,13)
  • Tevin Campbell (vocal) (2,6,17)
  • George Clinton (vocal) (7)
  • Garry Shider,Steve Boyd,William Payne,Belita Woods,Tracey Lewis,Mike Harris,Pat Lewis,Sandra Dance (background) (7)
  • Joseph “Amp” Fiddler (keyboards and background) (7)
  • Mavis Staples (vocals) (14,16,17)
  • The Steels (Fred,JD,Jearlyn,Jevetta Steele) (background vocals) (12,14,15)
  • T.C. Ellis (rap) (17)
  • Elisa Fiorillo (vocals) (9)
  • Jana Anderson (background voice) (11)
  • Robin Power (crowd noise) (13) (background voice) (17)
  • Tom Garneau (crowd noise) (13)
  • Michael Koppelman (crowd noise) (13)
  • The Chambers Brothers (sampled “I Can’t Stand It”) (12)

Sampled

  • “Squib Cakes” by Tower Of Power (3)
  • Little Miss Lover by Jimi Hendrix (’67) (10)
  • Change the Beat (Female Version) by Beside (’82) (10)
  • I Can’t Stand It by The Chambers Brothers (’67) (12)

アルバム・レビュー

BATMAN」で再びその存在をアピールしてプリンスが次に取り組んだアルバムは、大ヒット映画「Purple Rain」の続編映画のサウンドトラックである本作です。
Purple Rain」、「Parade」、「Sign O’ The Times」、「BATMAN」とプリンスにとってサントラ盤はどれも評価が高い(「Under The Cherry Moon」は映画的に失敗したが…)ものが多く、バットマンでの利益を元手に当時噂されたペイズリー・パークの経営難を回復すべく作られた映画とも言われていました。

このアルバムは従来と違い、プリンスのリード・ヴォーカルは全17曲中8曲だけになっています(他2曲はデュエット)。
それ以外では、名プロデューサーとなったジャム&ルイスが復帰したザ・タイム、P-FUNKの帝王ジョージ・クリントン、クインシー・ジョーンズの秘蔵っ子と言われたテヴィン・キャンベル、ゴスペル・シンガーのメイヴィス・ステイプルズ等々がリード・ヴォーカルを務めています。
また脇には、この映画を期にプリンスと共にするバンドのThe New Power Generationを始め、エリック・リーズにアトランタ・ブリス、「BATMAN」でも参加したキャンディ・ダルファー、他にもシーラ・E、スティールズ・・・・豪華なキャステングで構成されています。

色んなアーティストが参加したため、プリンスがリードを取る“Thieves In The Temple”“Can’t Stop This Feeling I Got”のタイトなファンク&ロックに対し、“Release It”“Love Machine”で聴かせるザ・タイムのダンス・グルーヴが対照的だったし、“We Can Funk”でジョージ・クリントンとのデュエットはファンキーと、対バン要素のサントラらしくバラエティに富んでいて飽きのこない作品です。
逆を言えばオムニバス感が強いので統一感が無い印象も受けてしまいます。

期待されていた映画は当時恋の噂になっていたキム・ベイシンガーと破局した事による降板、僅か7週間で撮、ワーナーの首脳陣と折り合いを付ける為に何度も手直しした結果、決して満足のいくものにならず、商業的失敗に終わりました。
映画に合わせてアルバムも決して成功したとは言えませんが、プリンスの持つ次のステップに進むエネルギーが感じられる1枚である事には間違いありません。

【受賞】

Billboard Music Video Awards

“Thieves In The Temple”:Best Male Black/Rap

ASCAP Film and Television Music Awards

“Thieves In The Temple”:Most Performed Songs from Motion Pictures

【1990年の受賞】

American Music Awards

Award of Achievement

Alex Leslie Entertainment[UK]

[Nude Tour]:Special award commemorating selling out 16 dates at Wembley Arena

 

2018-04-28Prince Album'90s, NPG, Paisley Park, Soundtrack, Warner

Posted by KID