1999 / 1999 (’82)

アルバム情報

Released:1982/10/27 | Label: Warner Bros.

Track List

  1. 1999 (6:22)
  2. Little Red Corvette (4:58)
  3. Delirious (3:56)
  4. Let’s Pretend We’re Married (7:20)
  5. D.M.S.R. (8:15)
  6. Automatic (9:27)
  7. Something In The Water (Does Not Compute) (4:00)
  8. Free (5:08)
  9. Lady Cab Driver (8:25)
  10. All The Critics Love U In New York (5:55)
  11. International Lover (6:37)

Personnel

Produce,Arranged,Composed

  • Prince

Additional Musician

  • Wendy Melvoin (background vocals) (8)
  • Lisa Coleman (background vocals) (1,2,3,5,6,8)
  • Dez Dickerson (guitar) (background vocals) (1,2)
  • Brown Mark (background vocals) (5)
  • Jill Jones (background vocals) (1,6,8,9)
  • Jamie Shoop (background vocals) (5)
  • Carol McGovney (background vocals) (5)
  • Peggy McCreary (background vocals) (5)
  • Poochie (background vocals) (5)
  • The Count (background vocals) (5)

アルバム・レビュー

プリンスにとって初の2枚組(アナログ盤)のアルバム。
但し、英国では5,9,10,11をカットしたシングル・アルバムとしてリリースされていました。(その後完全版が再リリースされました。)

今作での特徴は短期間でありながら、4作で実験してきたサウンドを消化し、よりクオリティが高く仕上げています。
殆どの曲が6~8分という長い曲にも関わらず違和感を感じさせない、かなり練られた楽曲になってます。

今作から自宅スタジオの設備も充実し、タイトル・ソングの“1999”ではプリンス(中音)、デズ(低音)、リサ(高音)の声をそれぞれハモりながら録音し、それをパート毎に上手く繋げたりしています。この曲はライブで常に1曲目に演奏される程ノリのいい歌です。(’99年にはNew Masterとして復活)
軽快なロック・ソングの“Delirious”や、セクシーなバラードの“Free”“Something In The Water”“Automatic”ではプログレッシブなサウンドでは以前よりも確実に安定したサウンドを作っています。
そして80年代の楽曲をライブで演奏しなくなってた時期でも気分が良ければ演奏してくれる位プリンスお気に入りの名曲”Little Red Corvette”も収録されています。

MTVで初めて放送された黒人アーティスト

この当時、米TV音楽番組『MTV』では白人アーティストしか放映しなかったのですが、黒人アーティストとして初めて“1999”が流された事によって全米での地位を確立。
そのニュースが全世界に取り上げられ英国ではTOP40にランキングされるという快挙になった記念すべきアルバムでもあります。

 


 

Prince Album'80s, Studio Album, Warner

Posted by KID