Kat Dyson / カット・ダイソン

本名:キャスリーン・ダイソン(Kathleen Dyson)は’96年~’99年5月頃までNPGに在籍していたギタリストです。
加入前はユーリズミックスのデイヴ・スチュワートやジギー・マリー、シンディ・ローパー等、幅広いジャンルのアーティストのバックで活躍。
’96年ロンダと共にカナダの楽器メーカー〈ゴダン〉のブースでシーラ・Eと出会い(シーラと最初に会ったのはカリフォルニアで開催されたNAMMショウ)、シーラがプリンスを紹介し加入する事に。
アルバムではEmancipationや「Crystal Ball」同梱のThe TruthNew Power Soulに参加しています。
NPG脱退後はロンダ・スミスのアルバム等に参加、’06年頃からシーラ・E、ロンダ・スミス、カサンドラ・オニール達プリンスゆかりの女性メンンバーでC.O.E.D.(CHRONICLES OF EVERY DIVA)を結成し、’09年には来日公演も行われました。

現在(’19年)はシンディ・ローパーのツアー・メンバーとして活躍しています。

シーラとの出会ったはカリフォルニア(上)とドイツ(下)の話。ロンダは国はNAMMのショウの話してます。


2018-05-25