The Original 7ven (The Time) / Condensate (’11)

ザ・オリジナル・セヴン / コンデンセート

アルバム情報

Released:2011/10/18 | Label: Saguaro Road

Track List

  1. O7ven Intro (0:55)
  2. Strawberry Lake (5:09)
  3. O7ven Press Conference Intro (1:01)
  4. Condensate (3:04)
  5. #Trendin (4:08)
  6. If I Was Yo Man (5:35)
  7. Role Play (4:44)
  8. Sick (4:19)
  9. Lifestyle (5:10)
  10. Faithful (4:40)
  11. Cadillac (3:51)
  12. Aydkmn (5:13)
  13. One Step (3:35)
  14. Toast To The Party Girl (5:34)
  15. Hey Yo (4:32)
  16. GoHomeToYoMan (5:29)

Personnel

Produce, Arranged

  • Jimmy Jam & Terry Lewis (1-6, 9, 10, 11, 13-16)
  • Jimmy Jam & Terry Lewis, Jesse Johnson (7, 8, 12)

Written

  • Jimmy Jam & Terry Lewis (1,3-5, 10, 11, 13, 14)
  • Jimmy Jam & Terry Lewis, Morris Day (2, 6, 9, 15)
  • Jimmy Jam & Terry Lewis, Morris Day, Jesse Johnson (7)
  • Jimmy Jam & Terry Lewis, Jesse Johnson (8, 12)
  • Jimmy Jam & Terry Lewis, Monte Moir (16)

Member

  • Morris Day (lead and background vocals)
  • Terry Lewis (bass,co-lead, background Vocals)
  • Jimmy Jam (keybords, vocals)
  • Monte Moir (keybords, vocals)
  • Jellybean Johnson (drums, percussion)
  • Jesse Johnson (guitar, vocals)
  • Jerome Benton (percussion, vocals)

Additional Musician

  • Sue Ann Carwell (vocals) (2)
  • Carla Carter (vocals) (9)
  • Treasure Davis (vocals) (14)

再結成までの道のり

’90年のプリンス主演映画『Graffiti Bridge』の為に再結成したザ・タイムですが、同年「Pandemonium」をリリースするもプリンスとの関係は戻らず解散してしまいます。
その後メンバーはバラバラに活動し二度と再結成は無いかと思っていましたが、’04年にモーリスのソロ・アルバム「It’s About Time」でセルフ・カヴァーを収録する辺りから再結成の噂が出てきます。
’08年に行われた第50回グラミー賞授賞式でリアーナ(Rihanna)と共にザ・タイムの再結成パフォーマンスを披露すると更に再結成への期待が上昇しつつも噂止まり・・・
ところが’11年9月に急に再結成を発表、”The TIME”という名前の使用権を巡りプリンスと交渉するも決裂し名前を“The Original 7ven”と改名し、11月に通算5枚目のアルバムがリリースされました。

アルバム・レビュー

プロデュースはジャム&ルイスと一部ジェシー・ジョンソンが担当、当然プリンスは一切関与していないのでザ・タイムとして真の意味でのデビュー・アルバムと言えます。

彼らのアルバムでは恒例の“O7ven Intro”からスタートし、’10年にジェシー・ジョンソンと共作アルバムをリリースしたスー・アン・カーウェル(Sue Ann Carwell)をゲストに迎え、スライの“Everyday People”のザ・タイム版の様な“Strawberry Lake”と開幕から全開です。
Introを挟んだ後、ミディアム・ファンクのタイトル・トラック“Condensate”、PVもカッコイイ先行シングルの“#Trendin”と再結成を待ち遠しく思ってたファンの気持ちが判ってる様な良い意味で変わらないサウンドを聴かせてくれています。
この他にもジェシーとジャム&ルイスのプロデュースでジェシーのソロに収録されてそうな纏わりつくサウンドの“Role Play”、Treasure Davisのコーラスも良いジミヘンの様なファンク・ロックの“Sick”、彼らお得意のメロウなバラードの“Lifetime”、パーカッションとギターのシンプルなサウンドに囁くモーリス+コーラスという異色な”Cadillac”、そしてラストを飾るに相応しい“Gohometoyoman”でパーティが終わります。

残念な事にリリースから2ヶ月後の12月16日、突如ジェシー・ジョンソンがfacebookで脱退を表明、そのままディアンジェロのバンド”The Vanguard”に参加、再びアルバムを作る日は来るのでしょうかね・・・

Music Video

Related Artists'10s, The Time

Posted by KID