スポンサーリンク

Blog Prince News

プリンスのクラウド・ギター他数点がオークションに出品、ブルー・クラウドは約3000万円で落札

’03年から開催されているオークション<Julien's Auctions MUSIC ICONS>がビバリーヒルズで6月11日から開催。
今年も様々なアイテムが出品。プリンス関連で注目を浴びていたのはアンディ・ビーチ氏が制作したブルーのクラウド・ギターで、60,000~80,000ドルの予想でしたが281,250ドル(約3,000万円)で落札されました。

 

LOT913 OF 1073:A PRINCE 1994 BLUE CLOUD GUITAR

公式サイトによると、落札されたアンディ・ビーチ氏が製作した1994年製のブルー・クラウド・ギターは、1994年6月29日にロンドンのチョーク・ファーム・ロード21番地にあるN.P.G.のポップアップ・ストアで3,500ポンドで注文されたもの。
ネックプレートには "Paisley Park "の在庫タグが付いており、"Property Of / PRN Music Corp "と書かれていて、"16186 "と製造番号が記されているそうです。
ギターと一緒に片面に"PRN Productions / 7801 Audubon Road / Chanhassen, MN 55317"、裏面に"117 "と書かれたハードケースが付属しています。"裏面には「117」と書かれていて、技術者だったZeke Clarkによる"Zeke for [love symbol] Prince."のサインが書かれています。

アンディ・ビーチ氏のクラウド

最初のクラウド・ギターは、プリンスがミネアポリスのアップタウンにある”Knut-Koupée Music”を訪れ、デイヴ・ルーサン(David Rusan)の手によって1983年に制作されました。(プリンス用に3本、ワーナー用に1本)

その後”Knut-Koupée Music”と関係が悪化したため、1990年代初頭にアンディ・ビーチ氏に依頼。
最初に3本のギターを注文し、結果に満足したプリンスは合計27本のギターを製作しました。
これらのギターは、プリンスが使用する以外にミネアポリスとロンドンにあるN.P.G.の店舗でも販売されました。
セールスポイントとしては、「アンディ・ビーチが製作した楽器は、プリンスのN.P.G.ストアで販売されるものであれ、プリンスのステージで使用されるものであれ、すべて同じ品質、同じ仕様のものであった。」という点。
プリンスが使用したと明記されてないので今回のは後者のギターという事だと思います。
それを考えると当初の予想が高過ぎですね。

ちなみに前回のプリンスが使用したブルー・エンジェルは約6000万で落札されました。

参考プリンスのクラウド・ギター他数点がオークションに出品、ギターは約6000万円で落札

続きを見る

その他の商品

90年代にプロモーション用に12本されたうちの1本だったシェクター社制作による白いクラウド。
〈ジャム・オブ・ザ・イヤー〉をサポートするプロモーターにプレゼントするために製作されたもので、ネックに"08"の刻印があります。
マイテのサイン入り鑑定書が付属し、そこには「このギターはプロモーション用に作られた12本のうちの1本で、プリンスが最終的に販売したいと考えていたクラウド・ギターの第1世代です」と記されています。
プリンスはこのギターを音楽業界の友人の一人にプレゼントされた1本で、50,000ドル(約550万)で落札されました。

 

袖に”バットマン”と書かれたジャケットは12,800ドル(約140)で落札


今回プリンス関連は225点出品されました。
公式サイトには全商品の落札価格が記載されています。

https://www.julienslive.com/m/view-auctions/catalog/id/365?page=1&view=list&key=Prince&sale=undefined&catm=any&order=order_num&xclosed=no&featured=no
https://www.julienslive.com/m/view-auctions/catalog/id/365?page=1&view=list&key=Prince&sale=undefined&catm=any&order=order_num&xclosed=no&featured=no

www.julienslive.com

スポンサーリンク

-Blog, Prince News
-

© 2021 NPG Prince Site