モノネオンがミネアポリスで起きた事件に警鐘を鳴らすBreathing While Blackを発表。

2020年5月25日、ミネソタ州ミネアポリスで武器を持たない黒人男性のジョージ・フロイドさんに対し、白人警官が取り押さえ地面にうつぶせにさせ「膝が首に。息ができない…ママ、ママ」と訴えているにも関わらず膝で首を押さえつけ死亡する事件が発生しました。

この事件に対する抗議活動は5月27日からエスカレートし全米に拡大、正当に抗議をしている方達を利用し暴徒化する団体まで現れ、現在も混乱が続いています。

#TheShowMustBePaused

事件発生後#TheShowMustBePaused(ショーは中断しなければならない)というハッシュタグと共に仕事から離れ、ブラック・コミュニティと繋がるという思いでアーティストやエンタメ業界が火曜日にストライキを敢行する「Black Out Tuesday」運動がおきました。

かつてプリンスも謂れなき黒人への対応に対して警鐘を鳴らしていましたが、プリンスを師と仰ぐモノネオンも事件から1周間後となる6月1日に”Breathing While Black”を発表しました。

Breathing While Black

現時点で発売はbandcampのみで価格は$2からの投げ銭方式です。
販売サイトには歌詞も掲載。私の訳詞では正確に伝わらないと思うので原文のみ引用しておきますが、強烈なメッセージ・ソングです。

Breathing while black
You took me from my roots
Now I want it back
You beat me when I’m down
We are crying for help don’t you see the problem all around
Do my tears have to be white for you to understand me
That can’t be right
We are tired and angry
Mad at the world
The devil must leave

Let’s sing about revolution
To start a evolution
Let’s sing about revolution
To start a evolution

Breathing while black
We been unheard far too long
Marching, protesting
How many times we have to do this
To get a blessing
We will stand tall
Ready for the evil to fall
We are tired and we are angry
Mad at the world
The devil must leave

Let’s sing about revolution
To start a evolution
Let’s sing about revolution
To start a evolution

毎回声を上げてるのに何度も繰り返される痛ましい事件…いつになったら解決するんでしょう。今度こそ多くの人の声に耳を傾け変わる事を願うばかりです。