ロバート・グラスパーが自身のSoundcloudページに”Sign O’ The Times”をアップ

ロバート・グラスパーが、自身のSoundcloudページに"Sign O’ The Times"をアップしました。

ロバート・グラスパーについて

ロバート・グラスパーは、ヒューストン生まれのプロデューサーでジャズ・ピアニストで、’13年に行われた第55回グラミー賞でBlack Radioが最優秀R&Bアルバムを受賞。
数多くのアーティストと共演し、ドン・チードルが主演・脚本・監督によるMiles Aheadやマイルスのトリビュート作も好評等、現代ジャズ・R&Bシーンの中核をなす一人です。

Coveredに収録されるハズだった幻のカヴァー

このカヴァーは’15年にロバート・グラスパー・トリオ名義でリリースしたカヴァー・アルバムCoveredに収録されるハズだったんですが、プリンスの許可を得られず断念、未収録となった幻の1曲です。

許可を得られなかったのが直接本人から言われたか定かでは無いですが、モーガン・ジェームスも過去に一度キャンセル、その後OKが出て再販というケースもあったので、手順が違えば収録出来たかもしれないですね。

こういう形での発表は本意では無かったかもですが、ファンとしては愛に溢れたカヴァーが聴けて満足してます。