スポンサーリンク

Blog Prince News

「Welcome 2 America」より”Born 2 Die”が先行配信

6月3日早朝(日本時間)、プリンスの公式Twitterに7月30日発売の未発表アルバム「Welcome 2 America」より”Born 2 Die”が英国時間8時に先行配信されると発表されました。

 

"Born 2 Die"

"Born 2 Die"は、2010年3月12日に録音されたと言われる楽曲で、YouTubeのコメント欄によれば、タル・ウィルケンフェルド(bass)とクリス・コールマン(drums)とベーシック・トラックをレコーディングし、その後リヴ・ウォーフィールドシェルヴー・Jエリサ・ディーズ達3人にのハーモニーとプリンスのヴォーカルが加わり、モーリス・ヘイズの手によって完成しました。

カーティス・メイフィールドを意識したヴォーカル

コメント欄にはモーリスが”Born 2 Die”の制作秘話を語っています。

Prince said, 'I'll tell you how that came about,' Morris remembers. "He had been watching videos of his friend Dr. Cornel West on YouTube, and during one speech Dr. West said, 'I love my brother Prince, but he’s no Curtis Mayfield.' So Prince said, "Oh really? We will see."

プリンスが「これがどうやってできたのか教えてあげるよ」と言ったんだ。
プリンスはYouTubeで友人のコーネル・ウエスト博士のビデオを見ていたんだけど、あるスピーチでウエスト博士が「私はブラザー・プリンスを愛しているが、彼はカーティス・メイフィールドではない。」と言ったのです。そこでプリンスは、「そうか。そのうち判るよ」と言ったんだ。

 

配信された本日6月3日はそのカーティス・メイフィールドの誕生日。
この曲を聴く前にカーティスの事を呟いて、これを聴いたので”あーやられた!!”って感じです。

プリンスと同じく魅惑のファルセットでファンを魅了するカーティスの事はリスペクトしライブでもカヴァーも披露した事があるけど、歌唱法は意図的に寄せてなかったと感じてました。

そういうキッカケでレコーディングした楽曲が収録されているのも当時リリースしなかった要因の一つだったかもしれませんね。
逆を言えば、もしウエスト博士があんな発言しなかったらこの曲は違うヴォーカル・ワークで録られていて、もしかすると当時リリースしていたかも...と妄想は膨らむばかりな1曲です。

タル・ウィルケンフェルドの投稿

レコーディングに参加したタルも”当時の事を思い出します。聴いていると、まるで時間が経っていないかのようです”とツィートしています。
(ツィートには2011年と投稿してますが、その後のツィートで2010年と訂正しています)

 

WELCOME 2 AMERICA情報

アルバムのリリースについてはこちらをご覧ください。

参考プリンスの未発表アルバム「Welcome 2 America Deluxe」が7月28日にリリース

続きを見る

収録曲について

収録曲についての簡単にまとめてます。

参考「Welcome 2 America」収録曲のまとめ

続きを見る

 

スポンサーリンク

-Blog, Prince News
-, ,

© 2021 NPG Prince Site