4月5日に開催されるティンバーウルブズの試合会場で”Rock ‘N’ Roll Is Alive! (And It Lives In Minneapolis)”の7インチを配布!

ミネソタ州ミネアポリスで活躍するNBAチーム”ミネソタ・ティンバーウルブズ (Minnesota Timberwolves)”は、これまでもプリンスをイメージしたユニフォームを制作したり関連アーティストのハーフタイム・ショウを開催するなどリスペクトを表してました。

今回の特典は貴重なアナログ盤!

来月4月5日(日本だと4月6日9時)に地元ミネアポリスのターゲット・センターで開催されるミネソタ・ティンバーウルヴス vs マイアミ・ヒーツの試合会場ではなんと”Rock ‘N’ Roll Is Alive! (And It Lives In Minneapolis)”の7インチ・アナログ盤が配布されるそうです!

”Rock ‘N’ Roll Is Alive! (And It Lives In Minneapolis)”

”Rock ‘N’ Roll Is Alive! (And It Lives In Minneapolis)”は、1995年11月30日にリリースされたシングル「Gold」のカップリング曲。

公私共に親交のあるレニー・クラビッツが’95年にリリースされたアルバム「Circus」に収録されていた“Rock And Roll Is Dead”に対し、”Rock ‘N’ Roll Is Alive! (And It Lives In Minneapolis) [ロックは死んでない、ミネアポリスに生きている]”と歌ったアンサー・ソングです。
ディスるアンサーではなく判り合ってる二人ならではのぶつかり合いが当時話題になりました。

この楽曲は当時カップリングで発表された為、入手困難な状態になっています。

 

専用のアートワークも魅力的

冒頭の動画でも判る通りティンバーウルヴスから提供される為、アートワークもチーム・ロゴが入った特別仕様。

Minnesota Timberwolves

こういうの欲しい人には堪らない一品になるんでしょうね😍

B面は”Calhoun Square”

アートワークを手掛けたスティーヴ・パーク氏のfacebookにEPデザインが掲載されてました。

B面は”Gold”かな?と思ってたらCrystal Ball収録の”Calhoun Square”でした。

渋い選曲と思ったけど、地元の地名がついてる歌だからコレなんでしょうね😄

Spotifyにプレイリストがアップ

今回の企画に合わせてSpotifyにプレイリストがアップされてます。

2019-03-20BlogNEWS(Prince), Sports