スポンサーリンク

Blog Prince News

プリンスの未発表曲”If You Were A Sailboat”がYouTubeにアップ

イギリスのシンガー・ソングライター/プロデューサー、マイク・バット(Mike Batt)が自身のYouTubeアカウントにプリンスが歌う”If You Were A Sailboat”を4月28日にアップしました。
(ヲっちさん情報ありがとうございます!)

If You Were A Sailboat

動画のコメント欄によると、この曲はマイクがグルジア出身でイギリスで活躍するシンガーソングライター、ケイティ・メルアのために書いたもので、同曲は2007年にリリースされた「Pictures」に収録されています。

彼女のファンだったプリンスは、マイクが書いた同曲の他に"Closest Thing To Crazy"と、”Nine Million Bicycles”をレコーディング。(Prince Vaultによればレコーディング時期は2007年~2009年頃)
レコーディングに際し、プリンスは男性の視点に合うように「If you were a cowboy (もしあなたがカウボーイだったら)」「If you were a gypsy (もしあなたがジプシーだったら)」に変えてもらえないかと依頼。マイクは同意したのですが、彼が送ってきた最終版を承認したとき(ここにあるように)、彼は「If you were a Witness (もしあなたが伝道師だったら)」の代わりに「if you were a preacher (もしあなたが説教者だったら)」と変更されていたそうです。
この改変はエホバに改宗していた事が影響しているのですが、”I hadn't noticed that!”と書いている事から当時マイクは気づかなかったらしいです。

文末には...

I'm sure he wouldn't mind my posting it now, so the world can hear it. Very nice of him to ask permission to make that word change.

今、私がそれを投稿して、世界中がそれを聞くことができるようにしても、彼はきっと気にしないでしょう。その言葉の変更を許可するように頼んだのは、彼のとてもいいことだ。

と書いてありますが、2017年にレコーディング・エンジニアを努めていたジョージ・イアン・ボクシルが6曲入りの未発表曲集「Deliverance」を勝手にリリースし大問題になりました。

参考昨年プリンスの未発表音源「Deliverance」をリリースしようとしたプロデューサーに対し判決が下りる

続きを見る

この未発表曲をエステートが黙って放置するとは思えず、今回も同様の事が起きるのではないかと推察します。

エステートから何も言われず残り2曲もアップするのか、その前にチェックが入るのか...気になる所です。

案の定...

5月14日にSMEからの申請で削除されました。
一度アップされた音源は拡散されますから、色んなアカウントでアップされてます。
こうなるとボクシルの様にマイクに対して法的処置が取られるかもしれませんね...

Pictures

Track List

  1. Mary Pickford
  2. It's All in My Head
  3. If the Lights Go Out
  4. What I Miss About You
  5. Spellbound
  6. What It Says on the Tin
  7. Scary Films
  8. Perfect Circle
  9. Ghost Town
  10. If You Were a Sailboat
  11. Dirty Dice
  12. In My Secret Life

iTune版

iTunes版にはプリンスの"Under the Cherry Moon"がボーナス・トラックで収録。

Target盤

ターゲットで販売された限定盤には、プリンスが歌った"Closest Thing To Crazy"と、”Nine Million Bicycles”のケイティ版が収録されています。

  • "The Closest Thing to Crazy"
  • "Nine Million Bicycles"
  • "Piece by Piece"
  • "Thank You, Stars"

スポンサーリンク

-Blog, Prince News
-, ,

© 2022 NPG Prince Site