元ドッケンのジョージ・リンチ&ジェフ・ピルソンがプリンス等をカヴァーした「Heavy Hitters」をリリース

ドッケンやリンチ・モブなど幅広く活躍しているジョージ・リンチ(George Lynch)とジェフ・ピルソン(George Lynch & Jeff Pilson)がカヴァー・アルバム「Heavy Hitters」を10月13日にリリースしました。

Heavy Hitters

Listen on Apple Music

Track List

  1. One Of Us / Joan Osborne
  2. You Got The Love / Rufus
  3. I Feel The Earth / Carole King
  4. Ordinary World / Duran Duran
  5. Music / Madonna
  6. Apologize / OneRepublic
  7. Nowhere To Run / Martha & The Vandellas
  8. Kiss / Prince
  9. It’s The End Of The World As We Know It (And I Feel Fine) / R.E.M.
  10. Champagne Supernova / Oasis
  11. Lucille (Bonus track) / Little Richard

プリンスの"KISS"も収録されたカヴァー・アルバム

近年はあまり聴いてなかったんでヘヴィ・メタル/ハード・ロックで活躍している二人がどんな選曲をするのかと思ったら、ワンリパブリック、R.E.M.、オアシスといったロック・ナンバー以外に、ジョン・オズボーン、ルーファース(チャカ・カーン)、キャロル・キング、デュラン・デュラン、マドンナ、マーサ&ザ・ヴァンデラス、そしてプリンス…と、バラエティに富んだカヴァー集になっています。(ボーナス・トラックにはリトル・リチャードのカヴァーも収録)

多くのアーティストがカヴァーしているだけに、いかに個性を出すかが難しい"KISS"ですが、ファルセット巧みに使ったセクシーなオリジナルのプリンス、ダンディなトム・ジョーンズとはまた違った、ワイルドセクシー路線のロック・ナンバーに仕上がっていて好感が持てました。

他にもジョン・オズボーンのヒット曲でプリンスもEmancipationでカヴァーした"One Of Us"や、疾走感のあるキャロル・キングの"I Feel The Earth"等は車のCMソングに似合うカヴァーに仕上がってます。またマドンナの"Music"は男性が歌う事でまた雰囲気がガラッと変わってて面白い1曲でした。

 

↓で全曲聴くことが出来ます。