セント・ポール・ピーターソンがミネアポリス賛歌の”Something in the Water”をリリース

先週の告知通りセント・ポール・ピーターソン(St. Paul Peterson) [ex. The Family & fDLUXE, LP Music]が新曲“Something In The Water”をリリースしました。

客演には元タ・マラ&ザ・シーンのメンバーで長年ポールを支える盟友オリバー・リーバー、そして初代NPGの名ドラマーだったマイケル・Bが参加しています。

新曲では何故ミネアポリスはファンキーなのか?というミネアポリス・サウンドを称える歌で、歌の合間にはプリンス、モーリス・ディを始め、アンドレ・シモーン、ソニーT、フライト・タイム・プロダクション、リッキー・ピーターソン、ミント・コンディション、エリック・リーズ、スティールズ、ブラウン・マーク、マイケルB、NPG、ザ・レヴォリューション、ボビー・Z、ジェリービーン・・・とお馴染みの名前が呼ばれます。

上のfacebookにも書いてありますが近いうちにYoutubeにフル動画がアップされるでしょうね😃

インスタグラムにはショート・バージョンのMVがアップされてます。

7月の”Minne Forget Me Not”も良かったんで、そろそろアルバムを期待したいです!

リリックビデオがアップ

先程リリック・ビデオがアップされました😃