スポンサーリンク

Blog Other News

コーリー・ウォンがペイズリー・パークで録音した"The Paisley Park Session"を10月28日に配信/EPもリリース

ミネアポリスで活躍するギタリストで、ソロ活動の他にもファンク・バンド〈ヴォルフペック(Vulfpeck)〉や〈ザ・フィアレス・フライヤーズ(The Fearless Flyers)〉などに参加している、コーリー・ウォン(Cory Wong)が聖地ペイズリー・パークでレコーディングを行い、その模様を"The Paisley Park Session"として10月28日にLivestreamで配信する事が発表されました。

Cory Wong Live at Paisley Park Livestream

facebookの投稿によるとスタジオAで11曲をレコーディング、しかもクラウド・ギターで演奏している動画がアップされました。(アルバムは10月29日リリース)

 

セッションにはこれまでにもアルバムやライブに参加していた初代NPG Hornzのホーンヘッズ(Hornheads)のマイケルとケニー、そしてNPGのソニー・T(Sony T)も参加。

配信日は10月28日(木)午後7時(日本時間)で、価格は$23.99。

先月コーリーを紹介するブログを書いた際”コーリーも近い将来ペイズリー・パークでライブが行えるかもしれませんね。”と書いた事が実現し嬉しい限りです!

参考ミネアポリスで活躍するコリー・ウォンの新作他を紹介

続きを見る

Assassin (The Paisley Park Session)

配信に先駆けYouTubeでAssassin (The Paisley Park Session)が公開。

その後ライブ・パフォーマンスも公開

配信後の10月30日には”Dean Town”も公開。

フル尺のライブ映像がアップ

12月2日(日本時間3日深夜)にフル尺のライブ・パフォーマンスがアップされました。

Musician

  • Cory Wong - guitar / producer
  • Sonny T - bass
  • Kevin Gastonguay - organ / keyboard
  • Petar Janjic - drums
  • Negah Santos - percussion
  • Steve Strand - trumpet
  • Jon Lampley - trumpet
  • Michael Nelson - trombone / horn arranger
  • Eddie Barbash - alto sax / clarinet
  • Kenni Holmen - tenor sax / alto sax / flute
  • Sam Greenfield - bari sax / bass clarinet
  • John Fields - mix / master / engineer
  • Jake Hartsfield - engineer
  • Parker Wruck - engineer
  • Tom Garneau - engineer
  • Brandon "Duff" Eisenschenk - engineer / tech

BECKも同名タイトルでEPをリリース

"The Paisley Park Session"と言えば、2019年にベック(BECK)が同名タイトルでEPをリリースしました。

参考BECKがペイズリー・パークでレコーディングしたEP「Paisley Park Sessions」をリリース。

続きを見る

ペイズリー・パークとしては今後このシリーズでアーティストにスタジオを開放するのかもしれませんね。

The Paisley Park Sessionリリース

予定通り10月29日に「The Paisley Park Session」をリリースしました。

Track List

  1. Welcome 2 Minneapolis (The Paisley Park Session) (4:36)
  2. Gumshü (The Paisley Park Session) (5:38)
  3. Assassin (The Paisley Park Session) (3:22)
  4. Lilypad (The Paisley Park Session) (3:33)
  5. Jet Screamer (The Paisley Park Session) (6:21)
  6. Massive (The Paisley Park Session) (3:53)
  7. Meditation (The Paisley Park Session) (8:35)
  8. Headin' Down To Bunkers (The Paisley Park Session) (9:42)
  9. Click Bait (The Paisley Park Session) (4:05)
  10. Merci (The Paisley Park Session) (4:24)
  11. Dean Town (The Paisley Park Session) (3:15)

冒頭を飾る”Welcome 2 Minneapolis”にはマイケル・B・ネルソンが作曲した"New Dell Inn"がインクルード。
プリンスもこのホーンが好きで"Billy Jack Bitch"(The Gold Experience収録)で使用、クレジットも共作扱いになっています。

"New Dell Inn"は1994年にリリースした「Hornheads」に収録されています。

Hornheads
参考Hornheads / Hornheads ('94)

続きを見る

 

スポンサーリンク

-Blog, Other News
-, ,

© 2021 NPG Prince Site