シェルビー・Jが新曲”God Is Here”を発表

NPGのメンバーとしてプリンスを支えたシェルビー・Jが新曲”God Is Here”を発表しました。

シングルについて

シングルとしては’17年1月にリリースしたGood 2 Know以来(同年4月にアルバム10をリリース)になります。

アートワークは”MJM”というブランドとコラボ。
ここは以前”NOTHING COMPARES 2 PRINCE”というTシャツもデザインしているブランドですね。

上の投稿によれば、シェルビー・Jは乳がんを患いその時に作ったものと思われます。
(詳しい情報が判らないので病状についてはこれ以上は探求しない事にします)

↓新曲情報+乳がんの恐怖を語っています。

共同プロデューサーにはマイケル・アントニオ・イェルバートン(Michael Antonio Yelverton)という方が参加。
ドラムはノースカロライナ州出身のジョシュ・ボイド(Josh Boyd)、そしてホーンにはNPG Hornzのエイドリアン・クラッチフィールド(Adrian Crutchfield)が参加しています。

タイトルからも判る通り楽曲はコーラス隊を従えたゴスペル・ソング、シェルビーの圧倒的なヴォーカルが際立ちます。

いつか来日公演が実現すると良いですね~!

オマケ

ミネソタ・ティンバーウルブスの試合会場で歌った様です。
(共演はプリンスとの共演でも知られるサウンズ・オブ・ブラックネス)