オーウェン・ハスニーがミネソタ歴史協会にプリンスの初期音源を寄贈

プリンスがデビューする際にマネジメントを担当していたオーウェン・ハスニー(Owen Husney)がミネソタ歴史協会(Minnesota Historical Society)に素敵なコレクションを提供したそうです。

貴重なアイテム2点を提供

オーウェン・ハスニーはプリンスの才能に惹かれ、彼をワーナーに引き合わせた重要人物。
今回提供されたのはプリンスがワーナーと契約する為にレコーディングした3曲のデモ・テープとプレス・キットです!!

Minnesota Historical Society

レコーディングの経緯

’78年、プリンスはミネアポリスで”ムーン・サウンド・スタジオ”を持つクリス・ムーンの協力を得て“Soft & Wet””My Love Is Forever”等のデモ・テープを制作しレーベルに売り込みにいくも契約に至りませんでした。
(レコーディングには同じミネアポリスで活躍していたスー・アン・カーウェルが参加)

クリスにマネージメントを断られたプリンスはオーウェンにコンタクトを取り、再出発する為に後にザ・レヴォリューションのメンバーとなるボビー・Zの兄デヴィッド・Zと一緒にボブ・ディランも使用したミネアポリスのサウンド80・スタジオ(Sound 80 Studios)で“Baby”“Soft & Wet”“Make it Through the Storm”を再録、加えて高価な宣伝用冊子(プレス・キット)を携え、ワーナーを始め多くのレーベルと接触、プリンスが自身でプロデュースするという当時新人では難関の契約をワーナーと結ぶことに成功します。

今回提供されたのは、正にその時に制作されたデモ・テープとプレス・キット!

写真が小さくて分かり辛いですが、デモ・テープにはしっかり“Soft & Wet”“Baby”“Make it Through the Storm”の3曲の名前が記載されてます。

Minnesota Historical Society

“Baby”“Soft & Wet”For Youに、“Make it Through the Storm (嵐をこえて)”はスー・アンに提供されシングルでリリースされました。

今後展示されるかも?

ミネソタ歴史協会には、プリンス・コレクションとして未発表曲“I Hope We Work It Out”の手書きの歌詞と’79年に行われたプリンス初のソロ・コンサートのチケットも寄贈されていて、今回新たなコンテンツとして仲間入りを果たしました。

歌詞とチケットはミネソタ歴史協会のサイトでいつでも閲覧(ダウンロード可)なので、今回のアイテムも何かしらの手段で見れる様になるかもしれないですね!

 

BlogNEWS(Prince)