Sex Cymbal / Sheila E. (’91)

シーラ・E / セックス・シンバル

アルバム情報

Released:1991/3/26 | Label: Warner Bros.

Track List

  1. Sex Cymbal (4:26)
  2. Funky Attitude (5:11)
  3. Cry Baby (5:44)
  4. Lady Marmalade (5:04)
  5. 808 Kate (Drum Solo) (1:00)
  6. Loverboy (4:03)
  7. Mother Mary (5:23)
  8. Droppin’ Like Flies (5:26)
  9. What’cha Gonna Do (4:40)
  10. Private Party (Tu Para Mi) (4:39)
  11. Family Affair (Percussion Jam) (1:00)
  12. Promise Me Love (5:37)
  13. Heaven (4:36)

Personnel

Produce, Arranged

  • Sheila E. & Peter Michael Escovedo
  • Sheila E. (3)
  • David Gamson & Peter Michael Escovedo (8)

Written

  • Sheila E (5,11)
  • Sheila E, Andrew Ocelot, Peter Michael Escovedo (1)
  • Sheila E, Peter Michael Escovedo (2)
  • Sheila E, J.P. Charles (3)
  • Sheila E, Mark Brown (6)
  • Sheila E, Ray Obiedo, Shellae Ruffin (7)
  • Sheila E, Pete Escovedo, Peter Michael Escovedo (9)
  • Sheila E, Constance Maria Davison, Eddie M (12)
  • Sheila E, Andrew Ocelot (13)
  • Bob Crewe, Kenny Nolan (4)
  • Peter Michael Escovedo (8,10)

Additional Musician

  • Cat Gray, David Gamson, Ray Obiedo,J.P. Charles, Carl Wheeler, Dan Shea,Ronnie Forster, Randy Ster (keybords)
  • Rebeca Mauleon, Cat Gray (acoustic Piano)
    Jnathan DuBose, Carlos Rios, Ray Obiedo, Grant Geissman, Tony Maiden, J.D. Riley, Bobby Gonzales (guitar)
  • Mark Brown, Don Boyette, Joel Smith, Mark Van Wageningen, Cat Gray (bass)
  • Juan Escovedo, Pete Escovedo, Karl Prazzo, John Santos (percussion)
  • Ricky Lawson (drum program) (2)
  • Eddie M, Norbert Stachel, Jeff Cressman, William Ortix, Daniel Regan, Marc Russo, Larry Williams (horns)
  • Boni Boyer, Cat Gray, Lynn Davis, Karl Perazzo, Paul Christopher, Sharon Celani, Vicki Randle, Carl Carwell, Angel Rogers, Rosie Gains, Lori Taylor, Brenda Roy (back vocals)

アルバム・レビュー

デビュー作の「The Glamorous Life」(’84)、ペイズリー・パークからリリースされた「Romance 1600」(’85)、「Sheila E.」(’87)とプリンスの助力を得て3枚ののアルバムをリリース。バンド・メンバーとしてもパープル・レインやサイン・オブ・ザ・タイムズのツアーに同行したりと蜜月を送っていたシーラ・E。
デビューからの2作はプリンスの囲いの中で歌ってた印象が強かったですが、「Sheila E.」では全体の半分をシーラ・Eがコントロールする形で個性を出し、本作ではついにプリンスの元を離れ独立した形でアルバムをリリースしました。

プロデューサーにはシーラと弟のピート、そしてスクリッティ・ポリティのデビッド・ガムソンが担当し、前作で結成した”Eバンド”からは7人中、弟のジュアン、プリンスのバンドでも活躍しているボニー・ボイヤーノルベルトカールの4人が継続、ゲストにはキャットブラウンマークの名前もあります。

彼女の代表曲“The Glamorous Life"のイントロが流れた直後に嘲笑いタイトル・トラックの”Sex Cymbal”が流れる下りはプリンスとの不仲ではなく”プリンスの○○”と枕詞の付かない一人のアーティストとして目を向けさせる為の楽曲だと思います。
前半は“Funky Attitude"を筆頭に、ファンキーなアレンジが魅力的なカヴァー曲“Lady Marmalade"、シーラ・E独特のドラム・テクニックが堪能出来る“808 Kate"といった前作の延長線にある様な楽曲が中心で、後半はパパのピートそして弟のピーターとの3人によるラテン感満載の”What’cha Gonna Do”“Private Party (Tu Para Mi)"、サンバの“Family Affair"と彼女のルーツを継承したサウンドを中心に聴く事が出来ます。

以前もラテン・サウンドが多く聴けましたが’89年にパパのピート、巨匠テイト・プエンテと3人で共演した「Latina Familia」の影響が色濃く反映されたのかもしれません。
そういう意味では2つの顔を堪能出来るアルバムだと思います。


 

Music Video

2018-05-21