The Glamorous Life / Sheila E. (’84)

シーラ・E / ザ・グラマラス・ライフ

アルバム情報

Released:1984/7/4 | Label: Warner Bros.

Track List

  1. The Belle Of St. Mark (5:08) P
  2. Shortberry Strawcake (4:44) P
  3. Noon Rendezvous (3:50) P
  4. Oliver’s House (6:20) P
  5. Next Time Wipe The Lipstick Off Your Collar (3:50) P
  6. The Glamorous Life (8:58) P
  7. The Glamorous Life (Club Edit) (6:33) P

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Sheila E.
  • Prince (Jamie Starr)

Written

  • Prince (credited Sheila E.) (1, 4, ,6, 7)
  • Prince and Sheila E. (credited Sheila E.) (3)
  • Prince (credited Sheila E., Brenda Bennett) (5)
  • Prince (credited Sheila E., Jesse Johnson) (2)

Additional Musician

  • Sheila E. (Vocals & All Percussion)
  • Jesse Johnson (Guitar) (2)
  • Larry Williams (Sax) (6)
  • David Coleman (Cello) (4, 6)
  • Novi Novog (Violinist) (5)
  • Jill Jones (Back Vocal) (1, 4)
  • Nick DeCaro (Accordian) (5)
  • Brenda Bennett (Vocal) (6)

アルバム・レビュー

’84年にプリンスの薦めで、これまでバックに徹していた彼女をフロントとして脚光を浴びることになるデビュー・アルバムの本作がリリースされました。
プロデュースにはジェイミー・スター(プリンスの偽名)とシーラ・Eの共同で行われ、一説ではたった5日でレコーディングを済ませたと云われる本作は、その日数を忘れさせる程素晴らしいアルバムに仕上がっています。

力強いパーカッションとシンセ・サウンド、そして彼女の楽しそうな姿が見える様なポップ・ソングの“The Belle Of St.Mark”からスタートし、ザ・タイム辺りを連想させるファンキーなギターとシンセに加えビート感のあるパーカッションがCOOLなインスト・ナンバーの“Shortberry Strawcake”、エキゾチックな魅力のバラード・ナンバーの“Noon Rendezvous”“Next Time Wipe The Lipstic Off Your Collar”、1曲目と同じくプリンス・ファミリーのジル・ジョーンズをバック・ヴォーカルに迎え贅肉を殺ぎ落としたようなシンプルなサウンドの中に妖しいヴォーカルを覗かせるファンク・ナンバーの“Oliver’s House”、そして彼女を語る上でなくてはならない出世作の“The Glamorous Life”が収録されています。
8分58秒と長い“The Glamorous Life”ですが、彼女のパーカッショニストとしての魅力を凝縮した楽曲は今聴いてもまったく色褪せず、鳥肌が立つような興奮を覚えます。

Music Video

Related Artists'80s, P-Produce, P-Writer

Posted by KID