Sheila E. / Romance 1600 (’85)

シーラ・E / ロマンス1600

アルバム情報

Released:1985/8/26 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

Track List

  1. Sister Fate (3:50) P
  2. Dear Michaelangelo (4:38) P
  3. A Love Bizarre (12:18) P
  4. Toy Box (5:32) P
  5. Yellow (2:11) P
  6. Romance 1600 (3:56) P
  7. Merci For The Speed Of A Mad Clown In Summer (2:47)
  8. Bedtime Story (3:45) P

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Prince (credited Sheila E.)

Written

  • Prince (credited Sheila E.) (1, 2, 4, 5, 6, 8)
    Prince, Sheila E (3)
    Sheila E (7)

Musician

  • Prince (instruments) (all) (vocals,bass,guitar) (3, 4, 5)
  • Eddie M. (Eddie Minnifield) (saxophone,vocals) (1, 2, 3, 4, 6, 8)
  • Susie Davis (vocals) (2, 3, 6)
  • Steph Birnbaum (vocals) (3, 4) (Guitar) (2, 8)
  • Benny Rietvels (vocals) (6)
  • Juan Escovedo (Percussion) (3, 8)
  • Karl Perazzo (bongos) (6)
  • Michael Weaver (vocal) (4)
  • Ken Grey (organ) (1)
  • John, Steve, Ron, Dick, Robart, Tim (horn) (5)

アルバム・レビュー

Glamorous Lifeの成功により表舞台に立ったシーラ・E。
この波に乗るべく約1年という短いスパンの中でリリースされた本作は、前作を上回るアグレッシヴな作品が詰まったアルバムと言えます。

レコーディング当時、プリンスは映画『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』の企画~製作段階であった為、シーラの実力を評価してレコーディングに参加した“A Love Bizarre”“Toy Box”“Yellow”以外はシーラに任せています。(といっても殆どの楽曲に手は入れてますが…)

ファンキーなサックスと激しいコンガのイントロの後、リズミカルなドラムとキャッチーな彼女のヴォーカルが魅力的な“Sister Fate”からスタートし、リズムがフェード・インして来て徐々に高揚し途中ではステファンのファンキーなギターが挿入される魅惑の“Dear Michaelangelo”、そしてプリンスもよく使う間髪入れずに続く“A Love Bizarre”ではプリンスがギターとベース、そしてデュエットを務め、シンプルなコード進行の中に抑揚を持たせた12分18秒に及ぶ大作です。

この他、サウンドやテクニックよりも彼女のワイルドな一面をアピールした“Toy Box”、再びプリンスとデュエットした4ビートのジャズ・ナンバーの“Yellow”、疾走するビート感がエフェクトをかけたシーラのヴォーカルがカッコ良いタイトル・ナンバーの“Romance 1600”、コミカルな演奏を混ぜつつ彼女のパーカッショニストとしての実力を存分に発揮しているインスト・ナンバーの“Merci For The Speed Of A Mad Clown In Summer”、そしてラストには彼女の妖艶な魅力が溢れるセクシーな“Bedtime Story”と全曲を通して、前作では聴けなかった彼女の魅力を存分に楽しめる作品だと思います。

Music Video

Live Romance 1600

アルバムのリリース後に行われたライブがライブ・ロマンス1600というタイトルで映像化されました。

ラストにはプリンスとジェローム・ベントンが登場し圧巻の“A Love Bizarre”を披露します。

2018-05-21Related Artists'80s, P-Produce, P-Writer, Paisley Park

Posted by KID