Come 2 My House / Chaka Khan (’98)

チャカ・カーン / カム・2・マイ・ハウス

アルバム情報

Released:1998/7/21 (98/11/21 for JP)| Label: NPG Records

Track List

  1. Come 2 My House (4:45) P
  2. Intro (0:31) P
  3. This Crazy Life Of Mine (2:33) P
  4. Betcha Eye (4:30) P
  5. Spoon (3:49) P
  6. Pop My Clutch (4:47) P
  7. Journey 2 The Center Of Your Heart (4:15) P
  8. Eye‘ll Never B Another Fool (4:12) P
  9. Democrazy (6:07) P
  10. Eye Remember U (4:16) P
  11. Reconsider (U Betta) (4:23) P
  12. Don’t Talk 2 Strangers (3:15) P
  13. Hair (5:45) P
  14. The Drama (6:35) P

Personnel

Produce, Arranged

  • Prince, Chaka Khan
  • Chaka Khan, Howard McCrary & Robert D. Palmer (5)
  • Kirk Johnson (14)

Written

  • Prince, Chaka Khan
  • Larry Graham (13)
  • Kirk Johnson (14)

Additional Musician

  • Chaka Khan ( lead vocals)
  • Prince (all instruments)
  • Michael B. Nelson (trombone) (1, 6, 9, 11, 13)
  • Kathy Jensen ( baritone sax) (1, 6, 9, 11, 13)
  • Brian Gallagher (tenor sax) (1, 6, 9, 11, 13)
  • Dave Jensen (trumpet) (1, 6, 9, 11, 13)
  • Steve Strand (trumpet) (1, 6, 9, 11, 13)
  • Clare Fischer (2, 3)
  • Larry Graham (bass) (4, 13) (vocal) (9)
  • Brother Jules (scratches) (4)
  • Queen Latifah (vocals) (6)
  • Chanté Moore (vocals) (7)
  • Marva King (background vocals) (9)
  • Rhonda Smith (bass) (10)
  • Kirk Johnson (all instruments) (14)

アルバム・レビュー

’96年リリースのベスト盤を最後にワーナーとの契約を切られてしまったチャカ、その危機を救ったのはレーベル・メイトで自身もワーナーと決別したプリンス(当時はPrince)でした。(同時期にラリー・グラハムにも救済の手を…)
一部を除きPrinceとチャカの共同プロデュース、バックには当時のNPGNPGホーンズ(後のHORNHEADS)、レーベル・メイトとなったラリー・グラハム、その他シャンテ・ムーアクィーン・ラティファも参加しています。

チャカの吐息混じりバック・トラックとホーン隊が怪しさ満載のタイトル・トラック“Come 2 My House”、伸びやかなヴォーカルが魅力の“This Crazy Life Of Mine”、グルーヴ感溢れる“Betcha Eye”、バラード・ナンバーの“Journey 2 The Center Of Your Heart”・・・どれもチャカの魅力溢れるヴォーカルが堪能出来る楽曲ばかりで健在ぶりをアピールしています。

そしてアルバムの注目は’96年のGirl 6に収録された同名曲のチャカ版“Don’t Talk 2 Strangers”、美しいプリンスのファルセットと対をなすチャカの圧倒的なヴォーカルは、“I Feel For You”の再来の様です。

本作とNPGのNew Power Soul、そしてラリー・グラハムのGCS 2000はプリンスの公式サイトで”New Power Pack”として3枚組としてもリリースされました。
これもプリンスのアルバムを買うついでに2人のアルバムを聴いて欲しいというプリンスの優しさが詰まったパッケージでした。

Music Video