スポンサーリンク

Van Gogh / Van Gogh ('98)

ヴァン・ゴッホ / ヴァン・ゴッホ

Released:1998/11/6 | Label: Van Gogh

Listen on Apple Music

Track List

  1. Simple Cinderella (3:46)
  2. The World in Nutshell (3:48)
  3. All the Time in the World (2:59)
  4. Almost Too Real (3:49)
  5. Ready, Willing, & Able (Movie Version) (3:25)
  6. Van Gogh (4:35) P
  7. Tangled (3:57)
  8. Lift Me Up (3:59)
  9. Maybe (3:25)
  10. My Telescope (3:06)
  11. All That Glitters (3:29)
  12. Waiting for a Revolution (3:47)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Robby Heisner

Written

  • Ricky Heisner
  • Prince (credited as Prince) and Sandra St. Victor (uncredited) and Tom Hammer (uncredited)(6)

Musician

  • Robby Heisner (vocals, keyboards)
  • Ricky Heisner (harmony)
  • Scott Robertson (drums,  sampling)
  • Kevin Wyglad (bass, guitar)
  • Valerie Hunter (background vocal)
  • Alsia Dorsey (background vocals)

アルバム・レビュー

ロビー&リッキーのヘイズナー兄弟のユニット、ヴァン・ゴッホの4枚目のアルバムです。

Prince(以下プリンス)はタイトル・トラックの"Van Gogh"を提供。
この曲はサンドラ・St.ヴィクター(Sandra St. Victor)とトム・ハマー(Tom Hammer)が書いたもので、"Love Is"というタイトルで1993年サンドラのファースト・アルバム「Sanctuary」に収録される予定でしたが発売されませんでした。
この曲を気に入ったプリンスはサンドラにコラボを持ちかけ作曲と歌詞に手を加えて1995年に"Van Gogh"というタイトルで制作。一時はEmancipation「Playtime By Versace」(未発表)に収録を検討されましたがお蔵入りとなりました。

曲を気に入っていたプリンスは、障害を持つアーティストに曲を提供したいと考え、ニューヨークのCoalition for Disabled Musicians(障害者音楽家連合)を通じてヴァン・ゴッホと出会い彼らに提供。
楽曲のクレジットは"Copyright NPG"とされサンドラとトムの名が無かった事に対しサンドラ達は訴訟を検討しますが最終的には訴えませんでした。

他の曲の行方

プリンスは"Van Gogh"以外にも気に入り再構築。他の曲はそれぞれの作品(または未発表)に生まれ変わりました。

  • Sanctuary ("Soul Sanctuary"としてEmancipationに収録)
  • I’ll Never Open My Legs Again("Eye'll Never B Another Fool"としてチャカ・カーンのCome 2 My Houseに収録)
  • How We Livin’ ("Livin' 2 Die"と改名するも未発表)
  • Nothing Left To Give ("Stone"と改名するも未発表)

プリンス・ヴァージョン

「Emancipation」に検討されたプリンスのヴォーカル・ヴァージョンは、2001年に開設(現在は閉鎖)されたプリンスの公式サイト〈npg music club〉の2001年7月の配信分にアップされました。


↓は1995年の未発表バージョン

サンドラ・ST.ヴィクター幻の「Sanctuary」

1993年にエレクトラ・レコードから発売が予定されていたサンドラのファースト・アルバム「Sanctuary」は、2018年5月28日にbandcampを通じてリリース。
"Nothing Left To Give"を除く4曲はサンドラのオリジナル・ヴァージョンを聴くことが出来るので、プリンスとの違いを聴いてみるのも楽しいです。

スポンサーリンク

© 2022 NPG Prince Site