テヴィン・キャンベルの「I’m Ready (Expanded Edition)」が2月15日にデジタル盤でリリース

1993年10月26日にリリースされたテヴィン・キャンベルの2ndアルバム「I’m Ready」が2月12日にデジタル盤でリリースされます。(15日リリース)

 

I’m Ready

 

クインシー・ジョーンズとプリンスに才能を買われ、プリンスの主演映画『グラフィティ・ブリッジ』ではキャストとしても登場したテヴィン・キャンベル。

’91年のデビュー・アルバムから2年後にリリースされた2枚目は、クインシーはエグゼクティブ・プロデューサーを担当、プロデューサーにプリンス、ナラダ・マイケル・ウォルデン、ベイビーフェイス&ダリル・シモンズと更に強力な布陣で制作されました。

プリンスは、洒落っ気満載でキュートな“The Halls Of Disire"、当時のプリンスらしいスクラッチとホーン隊を巧みに使った“Paris 1798430″、後ににThe Gold Experienceでセルフ・カヴァーする程お気に入りだったエロ・カッコイイ“Shhh"の3曲をプロデュースしました。

 

楽曲やクレジットについてはこちらをご覧ください。

 

Expanded Edition

本人のツィートによればデジタル・リリースされてない4曲が追加された”完全版”とのこと。
収録リストが掲載されてないので詳細は不明ですがプロモ・オンリーだった"Shhh (Edit)"とかも収録されるのかな?

 

 

現時点ではデジタル盤のみ

現時点では上記の公式リンクにSpotifyとAppleの予約リンク、Rhinoのページは情報のみ。
当日になればamazon等でもリリースされると思います。
当初は2/12と記載されていましたが、2月15日に変更されていました。

できればフィジカルもリリースして欲しいな!

発表はされたものの…

上記のRhinoには2月15と記載されるも、テヴィンが貼ったSpotifyやiTunesも含め2月18日時点でヨーロッパを始め日本でも聴ける状態になっていません。(アメリカ等も報告がありません)
なによりテヴィン本人のSNSでも発表された事が投稿されていない状態なので、直前で何か問題が発生したのかもしれませんね…

2021-02-10Blog