ビリー・ジョー・アームストロングがカヴァー集「No Fun Mondays」をリリース。”Manic Monday”も収録

11月27日、グリーン・デイのフロントマン、ビリー・ジョー・アームストロング(Billie Joe Armstrong)がカヴァー・アルバム「No Fun Monday」をリリース。
同作にはプリンスがバングルスに提供した“Manic Monday"のカヴァーも収録されています。

No Fun Monday

Track List

  1. I Think We’re Alone Now / Tommy James and the Shondells (2:14)
  2. War Stories / The Starjets (2:41)
  3. Manic Monday / The Bangles (3:06)
  4. Corpus Christi /Avengers (3:24)
  5. That Thing You Do! / The Wonders (2:48)
  6. Amico / Don Backy (2:28)
  7. You Can’t Put Your Arms Round a Memory / Johnny Thunders (3:31)
  8. Kids in America / Kim Wilde (3:08)
  9. Not That Way Anymore / Stiv Bators (2:52)
  10. That’s Rock 'n’ Roll / Eric Carmen (2:59)
  11. Gimme Some Truth / John Lennon (2:48)
  12. Whole Wide World / Wreckless Eric (3:18)
  13. Police on My Back / Equals (3:11)
  14. A New England / Billy Bragg (2:09)

コロナ禍に企画したカヴァーがアルバムに

新型コロナウイルスによりグリーン・ディのワールド・ツアーも延期。
先の見えない外出自粛を余儀なくされた世界中のファンに向け、3月から“No Fun Mondays(楽しみがない月曜日)”と題し、月曜日にカヴァーをYouTubeにアップ。今回そこから厳選された14曲がアルバムとしてリリースされました。

Manic Monday

プリンス・ファンの注目はなんと言っても4月にアップされた“Manic Monday"!
この曲は、バングルスの2ndアルバムDifferent Light (シルヴァー・スクリーンの妖精)の第一弾シングル。全米2位を記録したこの曲で彼女達は世界的に注目される事になります。
元々この曲はアポロニア6のデビュー・アルバムApollonia 6に収録されるハズだったのですが、TVで見たメイン・ヴォーカリストのスザンナ・ホフスの歌声(きっと容姿も込み)に惚れ土壇場で彼女達に提供。クレジットは同年10月に公開される映画Under The Cherry Moonの主役"Christopher"名義で提供されました。

4月にアップされた動画には61歳の今もチャーミングなスザンナ本人も出演し話題となりました。

2019年にはプリンスのヴォーカルによるオリジナル音源集のORIGINALSがリリースされ再び脚光を浴びました。

秀逸なカヴァー揃い

他にも、テシファニーがカヴァーした事で知られるトミー・ジェイムス&ザ・ションデルズの”I Think We’re Alone Now”を始め、トム・ハンクスが監督した『すべてをあなたに』で再注目されたザ・ワンダーズの”That Thing You Do! ”、ジョニー・サンダースの"You Can’t Put Your Arms Round a Memory"、キム・ワイルドの代表曲"Kids in America"、ショーン・キャシディがカヴァーした事でも有名な"That’s Rock 'n’ Roll"、ジェネレーションXによる大胆なカヴァーが当時話題になったジョン・レノンの"Gimme Some Truth"など、どの曲も彼らしいアレンジでドライブにピッタリなアルバムです。

公式チャンネルで全曲聴けます。

amazonはメガジャケ付きでリリース

amazon.jpではLPサイズよりちょっと小さい(24cm✕24cm)メガジャケが付きで販売されています。