【企画中止】ロンダ・スミスが「RS-Listening Lab」と題し12週に渡ってプリンスとの未発表音源を配信

’96年後半からNPGに加入、途中バンドを離れる事はありましたがイダと入れ替わる’09年まで参加していたベーシストのロンダ・スミスが、自身のSNSでプリンスと録音した音源をアップする事を発表しました。

RS – “Listening Lab”

〈RS – “Listening Lab”〉と題し12週に渡って公開する音源はプリンスに頼まれて録音したリハーサル音源で、第1週に発表されたのは2009年に開催されたモントルー・ジャズ・フェスティバルのリハーサル音源はThe Vault… Old Friends 4 Sale収録の“When The Lights Go Down”です。
この音源はロンダの想いからアップされたもので投稿にも“Not for download or sale”(ダウンロードしたり販売しないように)と添えられてます。


演奏はプリンス(guitar)、ロンダ・スミス(bass)、ジョン・ブラックウェル(drums)、レナート・ネト(keybords)と最強の構成、バンドメンバーに応じてオリジナルとは違ったアレンジをするプリンスですが鳥肌モノです。

’18年後半頃から自身のinstagramにプリンスとの共演シーンを掲載し、少しづつ思い出を語る様になったロンダ。心の痛みは計り知れないでしょうが、当時の輝いていた音源を聴かせてくれるのはファンとしては感謝してもしきれません。本当にありがとう!
来週以降もアップされる度に掲載していきます。

instagramにも掲載

企画は中止に…

未発表音源なので際どい企画でしたが、相手は伏せていますが(恐らくエステートからの指摘)シェアするのをやめるよう言われ企画は中止、投稿も削除されました。
1度だけでしたが、あの音源はコロナで疲れた心を癒やしてくれました。本当にありがとう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rhonda Smith(@rhondasmithbass)がシェアした投稿

2020-05-18BlogFollower, NEWS(Related), NPG