ニッカ・コスタがプリンスの”Empty Room”のカヴァーをアップ

ニッカ・コスタが自身のfacebookにプリンスの“Empty Room"のカヴァーをアップしました。

Live At The Aladdin Las Vegasでも共演経験のあるニッカは”昨晩、4年がどれだけ早く過ぎたかを考えていたんだけど、何年にも渡って親愛なる友人でありメンターでもあったプリンスに何らかの形で敬意を払いたいと思ったの。”とプリンスとの思いを綴り、C-NOTE(’04)に収録の“Empty Room"のカヴァーをアップしました。

オリジナルは印象的なギターと流麗なプリンスの歌声が魅力なのですが、ニッカ・バージョンもオリジナルに負けない素晴らしいパフォーマンスを披露しています。
せっかくならデジタル販売してくれると良いんですけどね…

↓モントルー・ジャズ・フェスティバルでのパフォーマンス

ニッカ・コスタとプリンス

’02年の共演以降も度々ライブにゲスト・アーティストとして呼ばれ、’05年にリリースされた彼女のアルバムCan’tneverdidnothin’収録の“Around The World"にアンクレジットながらギターで参加するなど長く親交がありました。

また’17年リリースのNikka & Strings, Underneath and in Betweenでは“Nothing Compares 2 U”のカヴァーを収録し話題になりました。